FXで何やっても勝てなくて、やったコト

傾きに応じて色が変わる移動平均線を表示するMT5インジケータ-「MA_Slope」

更新日時:2019年03月07日 19:45

MA_Slopeスクリーンショット


複数のインジケーターを組み合わせて使用することで、それぞれのインジケーターの弱点を補った分析を行うことができる為、複数のインジケーターを使用してテクニカル分析を行っているトレーダーも多いのではないでしょうか。


使用するインジケーターの組み合わせによってはチャートが見にくくなってしまう可能性がありますが、この記事で紹介する「MA_Slope」はインジケーターの角度によって色を変えることで、インジケーターの状態を確認しやすくするものです。


MA_Slopeを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

MA_Slopeのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


MA_Slope

↓↓↓↓↓インジケーターの導入手順が分からない方は↓↓↓↓↓

MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご覧下さい。


MT5にインジケーターをインストール(追加)する方法

これでMA_Slopeが表示されました。


MA_Slopeのパラメーター解説


MA_Slopeパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


Period

移動平均線の算出期間

Method

移動平均の算出方法

Applied price

適用価格

Slope

スロープを検出する傾きの値

Slope length

スロープの長さ


このインジケーターは移動平均線の傾きに応じて色が変わるもので、移動平均線が上向きの場合はグリーン、 下向きの場合は赤、傾いていない場合はグレーで表示され、パラメーターの「Slope」と「Slope length」の設定によってインジケーターの表示が異なります。


初期設定では「Slope」は0に設定されている為、小さな傾きであってもスロープと判断されグレーは表示されないようになっています。


インジケーターは一般的な移動平均線と同じで、算出方法も単純移動平均や指数平滑化移動平均、加重移動平均などよく使われるものばかりなので、使い方に戸惑うということも少ないかと思います。


チャート上で移動平均線の視認性を向上させたい場合に、便利なインジケーターかもしれません。

関連記事