FXで何やっても勝てなくて、やったコト

長期トレンド向けの移動平均線を表示するMT5インジケーター「2pbideal3ma」

更新日時:2021年11月08日 22:15

2pbideal3maスクリーンショット


ノイズが少ない移動平均線があればと考えたことはないでしょうか。


「2pbideal3ma」は、3重に平滑化された移動平均線を表示するインジケーターで次のような方に向いています。


  1. ノイズが少ない移動平均線を探している方

  2. 長期的な値動きを分析したい方


この記事では「2pbideal3ma」について詳しく解説します。


  1. 2pbideal3maの概要
  2. 2pbideal3maを表示する方法
  3. 2pbideal3maのパラメーター解説
  4. まとめ

2pbideal3maの概要


「2pbideal3ma」を起動するとチャート上に黄色のラインが表示されます。


「2pbideal3ma」は、2pbideal1maというNeutronによって考案された移動平均線をベースにしたインジケーターです。


2pbideal1maは、以下のような方法で算出されます。


dSeries=1つ前の価格-直近の価格


dSeries2=dSeries×dSeries-1.0


2pbideal1ma=((「rough smoothing」×1つ前の価格-1つ前の平均)+1つ前の平均+「adjusting smoothing」×dSeries2))/(1.0+「adjusting smoothing」×dSeries2)


「2pbideal3ma」では、2pbideal1maの算出方法を3回適用しています。


ノイズが少なく、非常に滑らかなラインを描写する点が特徴です。


値動きに対する反応が緩やかなので、長期的な値動きを分析したい場合などに活用できるでしょう。


インジケーターの開発者によると一般的な移動平均線と同じように、2本表示すればゴールデンクロスやデッドクロスをシグナルとして使用できるとのことです。


2pbideal3maを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

2pbideal3maのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


2pbideal3ma


MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT5でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


2pbideal3maのパラメーター解説


2pbideal3maパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


入力項目 入力内容

First rough smoothing

算出期間1


初期値:10


1回目の価格同士の差に乗算する値を設定します。

First adjusting smoothing

平滑化期間1


初期値:10


1回目の平滑化期間を設定します。

Second rough smoothing

算出期間2


初期値:10


2回目の価格同士の差に乗算する値を設定します。

Second adjusting smoothing

平滑化期間2


初期値:10


2回目の平滑化期間を設定します。

Third rough smoothing

算出期間3


初期値:10


3回目の価格同士の差に乗算する値を設定します。

Third adjusting smoothing

平滑化期間3


初期値:10


3回目の平滑化期間を設定します。

Horizontal shift of the average in bars

シフト


初期値:0


移動平均線の表示位置を調整します。


「First rough smoothing」「Second rough smoothing」「Third rough smoothing」は、価格同士の差に乗算する値を設定するための項目です。


設定した値に応じて、移動平均線に反映されるトレンドの期間が変化します。


「First adjusting smoothing」「Second adjusting smoothing」「Third adjusting smoothing」は、平滑化期間を設定するための項目です。


大きな値に設定すると、滑らかなラインが描写されます。


「Horizontal shift of the average in bars」は、移動平均線のシフトを設定するための項目です。


設定した値に応じて、ラインの表示位置が左右に移動します。


まとめ


「2pbideal3ma」の特徴をまとめると以下のようになります。


  1. 2pbideal1maをベースにしたインジケーター

  2. 値動きに対して緩やかに変化する移動平均線を表示

  3. 一般的な移動平均線のようにゴールデンクロスやデッドクロスをシグナルとして利用できる


「2pbideal3ma」は、長期的なトレンドを分析したい方に向いているインジケーターです。


ノイズが少ない移動平均線を探している方は一度試してみると良いでしょう。

関連記事