FXで何やっても勝てなくて、やったコト

トレンドの有無をラインとドットで表示するMT5インジケーター「amka」

更新日時:2021年08月25日 18:43

amkaスクリーンショット


ボラティリティの高さを基準に、トレンドの有無を分析できるインジケーターがあればと考えたことはないでしょうか。


「amka」は、適応型移動平均線をベースにしたインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. ボラティリティをもとにトレンドの有無を分析したい方

  2. ボラティリティが高い状態で取引したい方

  3. トレンドの方向を分析したい方


以上のような方のためにこの記事では、「amka」について解説します。


  1. amkaの概要
  2. amkaを表示する方法
  3. amkaのパラメーター解説
  4. まとめ

amkaの概要


「amka」を起動するとドット付きの適応型移動平均線が表示されます。


適応型移動平均線は、相場のボラティリティによって反応速度が変化する移動平均線の一種。


単純移動平均線は算出期間を短くすると、値動きへの反応が速くなる一方でノイズも多くなります。


反対に算出期間を長くすると、ノイズが少なくなりますがラグも大きくなります。


適応型移動平均線は、ラグが小さくノイズが少ない点が特徴です。


「amka」では、適応型移動平均線の変化率が一定値を上回るとドットが表示されます。


黄緑色のドットが表示された場合は上昇トレンド、赤色のドットが表示された場合は下降トレンドが発生した可能性を示唆しています。


ボラティリティが低くトレンドが存在しない場合、ドットは表示されません。


amkaを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

amkaのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


amka


MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT5でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


amkaのパラメーター解説


amkaパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


入力項目 入力内容

Period of AMA

AMAの期間


初期値:9


適応型移動平均線の算出期間を設定します。

Period of fast MA

高速移動平均の期間


初期値:2


高速移動平均の算出期間を設定します。

Period of slow MA

低速移動平均の期間


初期値:30


低速移動平均の算出期間を設定します。

The power the smoothing constant is raised to

平滑化定数


初期値:2.0


AMAの定数を設定します。

Horizontal shift of the indicator in bars

AMAのシフト


初期値:0


適応型移動平均線のオフセットを設定します。

Coefficient for the filter

フィルタ乗数


初期値:1.0


フィルタリングに用いる乗数を設定します。


「Period of AMA」は、適応型移動平均線の算出期間を設定するための項目です。


設定した値に応じて、値動きに対する適応移動平均の反応速度が変化します。


「The power the smoothing constant is raised to」は、平滑化定数を設定するための項目です。


適応型移動平均線に適用される平滑化の度合いが変化します。


まとめ


「amka」について解説してきましたが、ポイントをまとめると以下のようになります。


  1. 適応移動平均をベースにしたインジケーター

  2. 上昇トレンドが発生した場合、黄緑色のドットを表示する

  3. 下降トレンドが発生した場合、赤色のドットを表示する

  4. トレンドが存在しない場合、ドットは表示されない


「amka」は、トレンドの有無を分析したい方に向いているインジケーターです。


ボラティリティが高い状態で取引したい場合などに、活用できるのではないでしょうか。

関連記事