FXで何やっても勝てなくて、やったコト

価格と移動平均線の乖離率を表示するMT5インジケーター「ima」

更新日時:2020年12月13日 16:31

imaスクリーンショット


値動きの勢いを分析できるインジケーターがあればと考えたことはないでしょうか。


「ima」は、移動平均からの価格の乖離率を表示するインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. 値動きの勢いを分析したい方

  2. 価格が向かっている方向を分析したい方


以上のような方のためにこの記事では、「ima」について解説します。


  1. imaの概要
  2. imaを表示する方法
  3. imaのパラメーター解説
  4. まとめ

imaの概要


「ima」を起動すると、サブウィンドウ上に0レベルを軸とするオシレーターが表示されます。


「ima」の算出方法は以下の通りです。


MA=「MAPeriod」期間単純移動平均


ima=直近の価格/MA-1


移動平均の種類は単純移動平均に固定されていますが、適用価格はパラメーターから変更可能です。


「ima」は、直近の価格が移動平均線からどの程度乖離しているのかを示しています。


インジケーターの値がプラス圏で推移している場合は、価格が移動平均線より高いことを示しており、相場が上昇傾向にある状態です。


反対にマイナス圏で推移している場合は、価格が移動平均線より低い状態で、相場が下降傾向にあることを示しています。


また、インジケーターが0から離れた水準にある場合、価格が急激に変化したことを示しており、値動きに勢いがある状態です。


imaを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

imaのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


ima


MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT5でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


imaのパラメーター解説


imaパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


「ima」のパラメーターは、移動平均の算出期間を設定する項目のみのシンプルな構成になっています。


入力項目 入力内容

MAPeriod

移動平均の期間


初期値:5


移動平均の算出期間を設定します。


「MAPeriod」は移動平均の算出期間を設定するための項目で、設定した値に応じてインジケーターの反応速度が変化します。


大きな値に設定すると値動きに対するインジケーターの反応が緩やかになり、反対に小さな値に設定すると俊敏に反応します。


初期設定の状態ではノイズがかなり多いため、相場によってはパラメーターを調整した方が良いでしょう。


まとめ


「ima」について解説してきましたが、ポイントをまとめると以下のようになります。


  1. 移動平均線と価格の乖離をオシレーターで表示する。

  2. インジケーターの値が大きく変化している場合、価格が急激に変化したことを示している。

  3. インジケーターの値がプラス圏で推移している場合は価格が上昇傾向にあることを示している。

  4. インジケーターの値がマイナス圏で推移している場合は価格が下降傾向にあることを示している。


「ima」は、直近の値動きの勢いを分析したい方に向いているインジケーターです。


前述の通りデフォルトの状態ではノイズが多いため、インジケーターの算出期間を調整するか、ほかのインジケーターと組み合わせて使用した方が良いでしょう。

関連記事