FXで何やっても勝てなくて、やったコト

独自の重み付けで算出した指数平滑移動平均線を表示するMT5インジケーター「mama」

更新日時:2021年10月15日 19:44

mamaスクリーンショット


移動平均線をもとに、エントリーエグジットのタイミングを分析できるインジケーターがあればと考えたことはないでしょうか。


「mama」は、指数平滑移動平均線をベースにしたインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. 移動平均線同士の交差をシグナルとして使用している方

  2. トレンドを捉えた方

  3. トレンドフォロー型の手法を使用している方


以上のような方のためにこの記事では、「mama」について詳しく解説します。


  1. mamaの概要
  2. mamaを表示する方法
  3. mamaのパラメーター解説
  4. まとめ

mamaの概要


「mama」を起動すると、2本のラインがチャート上に表示されます。


緑色のラインは「fast MAMA」、赤色のラインは「slow MAMA」です。


どちらのラインも、指数平滑移動平均のアルゴリズムにもとづいて算出された移動平均線です。


一般的にテクニカル分析に用いられる指数平滑移動平均線は、直近の価格を2倍に重み付けして算出されます。


「mama」では、インジケーター独自の重み付けをもとに算出しており、通常の指数平滑移動平均線とは挙動が異なります。


一般的な指数平滑移動平均線のように滑らかに変化するわけではなく、階段状にラインが変化する点が特徴です。


動意の薄い状況では、水平に近いラインが表示されるため、ダマしのシグナルを抑えられる可能性があります。


「mama」では、2本の移動平均線の交差をシグナルとして使用します。


緑色のラインが赤色のラインを下から上に抜けた場合は、買いのエントリーシグナルです。


反対に緑色のラインが赤色のラインを上から下に抜けた場合は、売りのエントリーシグナル。


2本のラインがエントリーシグナルとは逆の方向に交差した場合は、イグジットのシグナルです。


トレンドフォロー型の手法を使用している方であれば、活用できる場面があるのではないでしょうか。


mamaを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

mamaのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


mama


MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT5でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


mamaのパラメーター解説


mamaパラメーター画像


「mama」にトレーダーが変更可能なパラメーターはありません。


入力項目 入力内容

無し

変更可能なパラメーターはありません。


まとめ


「mama」について解説してきましたがポイントをまとめると以下のようになります。


  1. 指数平滑移動平均のアルゴリズムにもとづいて算出した2本の移動平均線を表示する

  2. 通常と指数平滑移動平均とは価格の重み付けが異なる

  3. 緑色のラインが赤色のラインを下から上に抜けた場合は買いシグナル

  4. 緑色のラインが赤色のラインを上から下に抜けた場合は売りシグナル

  5. エントリーシグナルと反対の方向に移動平均線がクロスした場合はイグジットのシグナル


「mama」は移動平均線同士の交差を、エントリーやイグジットのシグナルとして使用している方に向いているインジケーターです。


通常の指数平滑移動平均線とは挙動が異なるので、バックテストを実施してシグナルの精度を確認しておいた方が良いでしょう。

関連記事