FXで何やっても勝てなくて、やったコト

トレンドの方向と勢いをバーで表示するMT5インジケーター「sadukey_v1」

更新日時:2021年11月22日 17:06

i-sadukey_v1スクリーンショット


大まかなトレンドの向きを分析できるインジケーターがあればと考えたことはないでしょうか。


「i-sadukey_v1」は、トレンドの方向をバーで表示するインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. トレンドの向きを分析したい方

  2. トレンドの転換を分析したい方

  3. トレンドの勢いを分析したい方


以上のような方のためにこの記事では、「i-sadukey_v1」について解説します。


  1. i-sadukey_v1の概要
  2. i-sadukey_v1を表示する方法
  3. i-sadukey_v1のパラメーター解説
  4. まとめ

i-sadukey_v1の概要


「i-sadukey_v1」を起動すると青色と赤色のバーが表示されます。


「i-sadukey_v1」のバーは、2種類のデジタルフィルタを使用して算出した値の差を示しています。


2種類の移動平均線の交差を利用した手法と類似していますが、移動平均を使用していないため、「i-sadukey_v1」では値動きに対するラグが発生しません。


青色のバーが表示されている場合は、上昇トレンドが発生している可能性を示しています。


赤色のバーが表示されている場合は、下降トレンドが発生した可能性を示しています。


「i-sadukey_v1」ではトレンドの向きだけではなく、勢いも分析可能です。


2種類のフィルタで算出した価格の差が大きくなるほど、値動きに勢いがある状態です。


2つの値の差が大きくなるほど、バーも長くなります。


また、バーの色が変わった場合はトレンドが転換したことを示しています。


おまかなトレンドの方向を、分析したいときなどに活用できるでしょう。


i-sadukey_v1を表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

i-sadukey_v1のダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


i-sadukey_v1


MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT5でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


i-sadukey_v1のパラメーター解説


i-sadukey_v1パラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


「i-sadukey_v1」のパラメーターは、インジケーターのシフトを設定する項目のみのシンプルな構成になっています。


入力項目 入力内容

Horizontal shift of the indicator in bars

水平方向のシフト


初期値:0


インジケーターの水平方向のオフセットを設定します。


「Horizontal shift of the indicator in bars」は、インジケーターのオフセットを設定するための項目です。


設定した値に応じてインジケーターの表示位置が左右に移動します。


まとめ


「i-sadukey_v1」について解説してきましたがポイントをまとめると以下のようになります。


  1. 2種類のデジタルフィルタを用いて算出した値の差を表示する

  2. 上昇トレンドでは青色のバー、下降トレンドでは赤色のバーが表示される

  3. バーの色が変化した場合、トレンドが転換したことを示している


「i-sadukey_v1」は、トレンドの向きや転換を分析したい方に向いているインジケーターです。


このインジケーター単体で、エントリーのタイミングを分析するのは難しいため、トレンドの転換を捉えたい場合は、ほかのインジケーターのシグナルも確認したほうが良いでしょう。

関連記事