FXで何やっても勝てなくて、やったコト

シグナルラインを省略したMACDを表示するMT5インジケーター「blau_macd」

更新日時:2021年08月02日 19:51

blau_macdスクリーンショット


MACDのみを表示できるインジケーターがあればと考えたことはないでしょうか


「blau_macd」は、MACDをラインとして表示するインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. MACDのみを表示するインジケーターを探している方

  2. MACDをよく使用する方

  3. トレンドの方向を分析したい方


以上のような方のためにこの記事では、「blau_macd」について解説します。


  1. blau_macdの概要
  2. blau_macdを表示する方法
  3. blau_macdのパラメーター解説
  4. まとめ

blau_macdの概要


「blau_macd」を起動すると、サブウィンドウ上に青色のラインが表示されます。


MT5には標準でMACDがインストールされていますが、デフォルトの状態ではMACDがヒストグラム、シグナルラインは赤色のラインで表示されます。


「blau_macd」は、シグナルラインを表示せず、MACDのみを表示するインジケーターです。


インジケーターの見方は一般的なMACDと同じで、値が0を超えている場合は、価格が上昇していることを示しています。


反対に0を下回っている場合は、価格が下降している状態です。


シグナルラインを使った反転の分析には使用できないので、トレンドの反転などを狙ったトレードには使用できません。


MACDでトレンドの方向だけ確認できれば十分という方であれば、活用できる場面があるのではないでしょうか。


blau_macdを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

blau_macdのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


blau_macd


MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT5でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


blau_macdのパラメーター解説


blau_macdパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


入力項目 入力内容

r - 1st EMA (Slow), applied to price

スローEMA期間


初期値:20


スロー指数平滑移動平均の算出期間を設定します。

s - 2nd EMA (Fast), applied to price

ファストEMA期間


初期値:5


ファスト指数平滑移動平均の算出期間を設定します。

u - 3rd EMA, applied to MACD

MACDの平滑化期間


初期値:3


MACDを平滑化する期間を設定します。

AppliedPrice - price type

適用価格


初期値:PRICE_CLOSE


MACDの算出に用いる価格を設定します。


「r - 1st EMA (Slow), applied to price」と「s - 2nd EMA (Fast), applied to price」は、MACDの算出に必要な2種類の指数平滑移動平均の算出期間を設定するための項目です。


設定した値に応じてMACDの反応速度が変化します。


「u - 3rd EMA, applied to MACD」は、MACDの平滑化期間を設定するための項目です。


EMA同様に、インジケーターの反応速度に影響します。


まとめ


「blau_macd」について解説してきましたが、ポイントをまとめると以下のようになります。


  1. MACDのみを表示する

  2. ラインが0より上で推移している場合は上昇トレンド

  3. ラインが0より下で推移している場合は下降トレンド


「blau_macd」は、MACDのみをチャートに表示したい方に向いているインジケーターです。


通常のMACDと使い方は同じなので、普段からMACDを使用している方であれば、違和感なく使用できるでしょう。

関連記事