FXで何やっても勝てなくて、やったコト

時間枠を指定できるMACDを表示するMT5インジケーター「macd_anytimeframe」

更新日時:2020年12月19日 23:59

macd_anytimeframeスクリーンショット


MT5には標準でMACDがインストールされていますが、時間枠を指定できないため不便にと感じたことはないでしょうか。


「macd_anytimeframe」は、時間枠を指定できるMACDで次のような方に向いています。


  1. マルチタイムフレーム分析を行っている方

  2. 大局的なトレンドを確認したい方


上記のような方のためにこの記事では、「macd_anytimeframe」について解説します。


  1. macd_anytimeframeの概要
  2. macd_anytimeframeを表示する方法
  3. macd_anytimeframeのパラメーター解説
  4. まとめ

macd_anytimeframeの概要


「macd_anytimeframe」を起動すると、グレーのヒストグラムと赤色のラインが表示されます。


ヒストグラムはMACD、赤色のラインはシグナルの値を示しています。


使い方は一般的なMACDと同じですが、インジケーターを算出する時間枠を指定できる点が異なります。


インジケーターの時間枠は、チャートの時間枠よりも大きく設定する必要があるので留意しておきましょう。


macd_anytimeframeを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

macd_anytimeframeのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


macd_anytimeframe


MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT5でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


macd_anytimeframeのパラメーター解説


macd_anytimeframeパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


入力項目 入力内容

Timeframe of MACD which we want to see instead of current Period It has to be a higher timeframe as currently displayed

時間枠


初期値:PERIOD_H1


MACDを算出する時間枠を設定します。


初期値:


Fast EMA period

短期EMA期間


初期値:12


短期指数平滑移動平均の算出期間を設定します。

Slow EMA period

長期EMA期間


初期値:26


長期指数平滑移動平均の算出期間を設定します。

Signal SMA period

シグナル期間


初期値:9


シグナルラインの平滑化期間を設定します。

Applied price

適用価格


初期値:PRICE_CLOSE


MACDの算出に用いる価格を設定します。


「Fast EMA period」と「Slow EMA period」は、MACDの各指数平滑移動平均の算出期間を設定するための項目です。


設定した値に応じてMACDの反応速度が変化します。


「Signal SMA period」はシグナルラインの平滑化期間を設定するための項目で、大きな値に設定するほど滑らかなラインが描写されます。


まとめ


「macd_anytimeframe」について解説してきましたが、ポイントをまとめると以下のようになります。


  1. 時間枠を指定できるMACD

  2. インジケーター時間枠はチャートの時間枠よりも大きな時間枠に設定する必要がある。


「macd_anytimeframe」は、大局的なトレンドの方向を確認したい方に適したインジケーターです。


マルチタイムフレーム分析を行っている方は、導入を検討してみると良いでしょう。

関連記事