FXで何やっても勝てなくて、やったコト

マルチタイムフレーム対応のMACDを表示するMT5インジケーター「macd_histogram_mc_mtf_ru」

更新日時:2021年03月24日 21:43

macd_histogram_mc_mtf_ruスクリーンショット


マルチタイムフレーム分析に対応したMACDがあればと考えたことはないでしょうか。


「macd_histogram_mc_mtf_ru」は、上記の機能を備えたインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. マルチタイムフレーム分析を行っている方

  2. MACDをよく使用する方


この記事では「macd_histogram_mc_mtf_ru」について詳しく解説します。


  1. macd_histogram_mc_mtf_ruの概要
  2. macd_histogram_mc_mtf_ruを表示する方法
  3. macd_histogram_mc_mtf_ruのパラメーター解説
  4. まとめ

macd_histogram_mc_mtf_ruの概要


「macd_histogram_mc_mtf_ru」を起動すると、サブウィンドウ上にMACDとヒストグラムが表示されます。


パラメーターで時間枠を指定することで、チャートの設定に関わらず、任意の時間枠で算出したMACDを表示できます。


また、MACDシグナルの平滑化方法を変更することもできるほか、ヒストグラムの表示色も調整可能です。


macd_histogram_mc_mtf_ruを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

macd_histogram_mc_mtf_ruのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


macd_histogram_mc_mtf_ru


MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT5でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


macd_histogram_mc_mtf_ruのパラメーター解説


macd_histogram_mc_mtf_ruパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


入力項目 入力内容

Timeframe 2 (TF2) period

時間枠2


初期値:PERIOD_H1


macd_histogram_mc_mtf_ruの時間枠を設定します。

Location of single timeframe indicator

ベースのインジケーターの時間枠


初期値:MACD_Histogram_MC


ベースになるインジケーターの時間枠を設定します。

Fast EMA period

短期EMAの期間


初期値:12


短期指数平滑移動平均の算出期間を設定します。

Slow EMA period

長期EMAの期間


初期値:26


長期指数平滑移動平均の算出期間を設定します。

Signal MA period

シグナル平滑化期間


初期値:9


シグナルラインの平滑化期間を設定します。

Applied MA method for signal line

シグナルの平滑化方法


初期値:MODE_SMA


シグナルラインの平滑化に用いる移動平均の種類を設定します。

Use multi-color or single-color histogram

マルチカラーの有効・無効


初期値:MultiColor


ヒストグラムをマルチカラーで表示するか否かを設定します。

Applied price

適用価格


初期値:PRICE_CLOSE


インジケーターの適用価格を設定します。


「Timeframe 2 (TF2) period」は、「macd_histogram_mc_mtf_ru」に適用する時間枠を設定するための項目です。


1時間に設定した場合、チャートの設定に関係なく1時間足で算出した結果を表示します。


「Fast EMA period」以降の項目については、通常のMACDとほぼ変わらないため、設定で戸惑うことは少ないでしょう。


まとめ


「macd_histogram_mc_mtf_ru」の特徴をまとめると以下のようになります。


  1. マルチタイムフレーム対応のMACDを表示する。

  2. MACDシグナルの平滑化方法を変更できる。


「macd_histogram_mc_mtf_ru」は、マルチタイムフレーム分析を取り入れている方に適したインジケーターです。


マルチタイムフレーム分析対応のMACDを探している方は、試してみると良いでしょう。

関連記事