FXで何やっても勝てなくて、やったコト

ラウンドナンバーに自動的に水平なラインを表示するMT5インジケーター「clearview_roundnumbermarker」

更新日時:2021年05月15日 23:56

clearview_roundnumbermarkerスクリーンショット


自動的にラウンドナンバーを表示してくれるインジケーターがあればと考えたことはないでしょうか。


「clearview_roundnumbermarker」は、ラウンドナンバーにラインを表示するインジケーターで次のような方に向いています。


  1. ラウンドナンバー付近で取引することが多いかた

  2. ラウンドナンバーに手動でラインを引いている方


この記事では「clearview_roundnumbermarker」の特徴について解説します。


  1. clearview_roundnumbermarkerの概要
  2. clearview_roundnumbermarkerを表示する方法
  3. clearview_roundnumbermarkerのパラメーター解説
  4. まとめ

clearview_roundnumbermarkerの概要


「clearview_roundnumbermarker」を起動するとチャート上に水平なラインが表示されます。


「clearview_roundnumbermarker」は、1000pips、500pips、100pips、50pipsごとに自動的にラインを表示するインジケーターです。


また、ラインの種類ごとに時間枠を指定することもできます。


2種類の表示方法が用意されており、通常の表示色のほか、明るい色でラインを表示することも可能です。


パラメーターで通常の色と明るい色を切り替えられるので、自身が使用しているチャートに合わせて設定すると良いでしょう。


clearview_roundnumbermarkerを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

clearview_roundnumbermarkerのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


clearview_roundnumbermarker


MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT5でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


clearview_roundnumbermarkerのパラメーター解説


clearview_roundnumbermarkerパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


入力項目 入力内容

Print high/low information when indicator loads

高値・安値の表示


初期値:false


trueに設定すると高値と安値に関する情報が表示されます。

Set historical high (0=use monthly chart)

最高値をセット


初期値:0.0


0に設定すると月足チャートのデータが適用されます。

Set historical low (0=use monthly chart)

最安値をセット


初期値:0.0


0に設定すると月足チャートのデータが適用されます。

Delay to reset previous high/low marker

リセットの基準


初期値:PERIOD_D1


高値・安値マーカーをリセットする期間を設定します。

Use bright colors

明るい色で表示

初期値:true


falseに設定すると暗い色で高値・安値マーカーを表示します。

Draw lines as background

背景表示


初期値:true


falseに設定するとマーカーを前面に表示します。

Show 1000 pips marker up to timeframe

1000pipsマーカーの時間枠


初期値:PERIOD_MN1


1000pipsマーカーを表示する時間枠を設定します。

1000 pips marker

1000pipsマーカーの色


初期値:C'70,10,70'


1000pipsマーカーの表示色を設定します。

1000 pips marker bright

1000pipsマーカーの明るい表示色


初期値:C'140,20,140'


1000pipsマーカーの明るい表示色を設定します。

Show 500 pips marker up to timeframe

500pipsマーカーの時間枠


初期値:PERIOD_D1


500pipsマーカーを表示する時間枠を設定します。

500 pips marker

500pipsマーカーの色


初期値:C'70,10,70'


500pipsマーカーの表示色を設定します。

500 pips marker bright

500pipsマーカーの明るい表示色


初期値:C'140,20,140'


500pipsマーカーの明るい表示色を設定します。

Show 100 pips marker up to timeframe

100pipsマーカーの時間枠


初期値:PERIOD_H4


100pipsマーカーを表示する時間枠を設定します。

100 pips marker

100pipsマーカーの色


初期値:C'8,45,8'


100pipsマーカーの表示色を設定します。

100 pips marker bright

100pipsマーカーの明るい表示色


初期値:C'16,90,16'


100pipsマーカーの明るい表示色を設定します。

Show 50 pips marker up to timeframe

50pipsマーカーの時間枠


初期値:PERIOD_H1


50pipsマーカーを表示する時間枠を設定します。

50 pips marker

50pipsマーカーの色


初期値:C'0,25,50'


50pipsマーカーの表示色を設定します。

50 pips marker bright

50pipsマーカーの明るい表示色


初期値:C'0,50,100'


50pipsマーカーの明るい表示色を設定します。

Highest high on the chart

チャート上の高値の色


初期値:C'125,105,0'


チャート上の高値の表示色を設定します。

Highest high on the chart bright

チャート上の高値の明るい表示色


初期値:C'250,210,0'


チャート上の高値の明るい表示色を設定します。

Lowest low on the chart

チャー上の安値の色


初期値:C'125,105,0'


チャー上の安値の表示色を設定します。

Lowest low on the chart bright

チャー上の安値の明るい表示色


初期値:C'250,210,0'


チャート上の安値の明るい表示色を設定します。

Historical high

過去の高値の色


初期値:C'127,127,127'


過去の高値の表示色を設定します。

Historical high bright

過去の高値の明るい表示色


初期値:White


過去の高値の明るい表示色を設定します。

Historical low

過去の安値の色


初期値:C'127,127,127'


過去の安値の表示色を設定します。

Historical low bright

過去の安値の明るい表示色


初期値:White


過去の安値の明るい表示色を設定します。


「Use bright colors」は、ラインを明るい色で表示するのか暗い色で表示するのかを設定するための項目です。


trueに設定すると明るい色でラインが表示され、falseに設定すると暗い色で表示されます。


各ラインごとに明るい色と暗い色を指定できるので、使用しているチャートに合わせて調整すると良いでしょう。


まとめ


「clearview_roundnumbermarker」の特徴をまとめると以下のようになります。


  1. 1000pips、500pips、100pips、50pipsごとにラインを表示する。

  2. 各ラインは表示する時間枠を指定できる。


「clearview_roundnumbermarker」は、ラウンドナンバー付近で取引することが多い方に向いているインジケーターです。


手動でラインを引く手間を省けるため、ラウンドナンバーで取引している方にとっては便利なインジケーターと言えるでしょう。

関連記事