FXで何やっても勝てなくて、やったコト

0の水準を基準にボラティリティーを示すオシレーターを表示するMT5インジケーター「Volatility_quality_zero_line」

更新日時:2019年07月04日 09:03

Volatility_quality_zero_lineスクリーンショット


「Volatility_quality_zero_line」は、Volatility_qualityというトレンド分析するインジケーターをベースにしたもので、Mladen Rakicによって開発されました。


Volatility_qualityは以下の方法によって算出されます。


C2=前の終値


高値の移動平均-安値の移動平均、高値の移動平均-C2の移動平均、C2の移動平均-安値の移動平均の内、最も差が大きいものMAXとする。


VQ=((終値の移動平均-C2の移動平均)/MAX+(終値の移動平均-始値の移動平均)/(高値の移動平均-安値の移動平均)×5)×(終値の移動平均-C2の移動平均+(終値の移動平均-始値の移動平均))×5


「Volatility_quality_zero_line」では、Volatility_qualityをATRでフィルタリングし、0の水準を軸にインジケーターが表示されるようになっています。


Volatility_quality_zero_lineを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

Volatility_quality_zero_lineのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


Volatility_quality_zero_line

↓↓↓↓↓インジケーターの導入手順が分からない方は↓↓↓↓↓

MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご覧下さい。


MT5にインジケーターを追加(インストール)する方法

これでVolatility_quality_zero_lineが表示されました。


Volatility_quality_zero_lineのパラメーター解説


Volatility_quality_zero_lineパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


パラメーターは、「Price smoothing period」「Price smoothing method」「Filter (% of ATR)」の3項目のみで、初期設定の値は「Price smoothing period」が10、「Price smoothing method」がLWMA、「Filter (% of ATR)」が7.5に設定されています。


Price smoothing period

価格の平滑化期間

Price smoothing method

価格の平滑化方法

Filter (% of ATR)

フィルターの閾値


フィルターによってノイズが少なくなっている分、Volatility_qualityよりも「Volatility_quality_zero_line」の方が、使い勝手は良いのではないでしょうか。


インジケーターの値が0より高い水準へ変化した場合は緑色、0より低い水準へ変化した場合はオレンジで表示され、インジケーターの開発者は、これらの変化をシグナルとして使用できるとしています。


エントリーの水準やタイミングを計る場合は、他のインジケーターと組み合わせた上で判断することをお奨めします。

XMはMT5から直接取引できます XMはMT5から直接取引できます

関連記事