FXで何やっても勝てなくて、やったコト

ブルとベアの強さをオシレーターで表示するMT5インジケーター「ASO」

更新日時:2019年01月29日 16:32

ASOスクリーンショット


トレンドフォロー型の手法を採用している人にとって、トレンドの強さを把握することはトレードの成功に関わる重要な作業である為、トレンドの強さを測定できるインジケーターがあればと、考えたことがある方もいるのではないでしょうか。


この記事で紹介するASOは相場のブルとベアの力を比較し、トレンドの方向と強さを判断するインジケーターで、以下の方法で算出されます。


ブル = 価格-n期間中の最安値


ベア = n期間中の最高値-価格


ブル平均=n期間のブルの平均


ベア平均=n期間のベアの平均


ブルの強さ=ブル平均の移動平均


ベアの強さ=ベア平均の移動平均


ASOを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

ASOのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


ASO

↓↓↓↓↓インジケーターの導入手順が分からない方は↓↓↓↓↓

MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT5にインジケーターをインストール(追加)する方法

これでASOが表示されました。


ASOのパラメーター解説


ASOパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


Period

計算期間

Smoothing

平滑化方法

Mode

計算モード

Method

計算方法

Applied price

適用価格


初期設定ではパラメータの計算モードがRSIに設定されブルのRSI、ベアのRSIがサブウィンドウに表示されます。


緑のラインがブルの強さを、赤いラインがベアの強さを示し、緑のラインが赤のラインより高い水準で推移している場合は、上昇トレンドである可能性を示し、反対に赤いラインが緑のラインの上で推移している場合は下降トレンドにある可能性を示しています。


通常のRSIでは売られ過ぎ/買われ過ぎ水準が設定されていますが、このインジケーターでは特に設定されていないようなので、買われ過ぎ/売られ過ぎ水準の判断は充分にテストした上で判断する必要がありそうです。

関連記事