FXで何やっても勝てなくて、やったコト

ブルとベアの強さを指定の時間枠で表示するMT5インジケータ-「BullsBEArsEyes_Vol_HTF」

更新日時:2020年11月25日 21:53

BullsBEArsEyes_Vol_HTFスクリーンショット


今現在の相場において、売りと買いどちらが優勢なのかを知りたいと考えたことはないでしょうか。


「BullsBEArsEyes_Vol_HTF」は、上記の機能を備えたインジケーターで次のような方に向いています。


  1. 買いと売りどちらが優勢なのかを分析したい方

  2. ボリュームも考慮して取引している方


この記事では、「BullsBEArsEyes_Vol_HTF」について詳しく解説します。


  1. BullsBEArsEyes_Vol_HTFの概要
  2. BullsBEArsEyes_Vol_HTFを表示する方法
  3. BullsBEArsEyes_Vol_HTFのパラメーター解説
  4. まとめ

BullsBEArsEyes_Vol_HTFの概要



「BullsBEArsEyes_Vol_HTF」は、BullsBEArsEyesというアルゴリズムを用いて平均したブルパワーとベアパワーの合計値に、ボリュームを掛けて算出されます。


インジケーター名のHTFは、インジケーターを指定した時間枠で表示できることを表しています。


初期設定の状態ではインジケーターを表示する時間枠は4時間に設定されていますが、パラメーターで任意の時間枠へ変更可能です。


「BullsBEArsEyes_Vol_HTF」には、一般的なオシレーターのように買われ過ぎ水準/売られ過ぎ水準といった反転の可能性を示す水準が設定されていますが、これらの水準は固定値ではなく相場の状況によって変化していきます。


また、このインジケーターを使用するには、事前にterminal_data_directory\MQL5\Indicatorsフォルダ内にBullsBearsEyes_Vol.mq5を配置しておく必要がありますので、後述するインジケーターのダウンロードページから入手しておきましょう。


BullsBEArsEyes_Vol_HTFを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

BullsBEArsEyes_Vol_HTFのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


BullsBEArsEyes_Vol_HTF


MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT5でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


BullsBEArsEyes_Vol_HTFのパラメーター解説


BullsBEArsEyes_Vol_HTFパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


入力項目 入力内容

Период графика

時間枠


初期値:PERIOD_H4


インジケーターを算出する時間枠を設定します。

период усреднения индикатора

期間


初期値:13


インジケーターの平滑化期間を設定します。

коэффициент сглаживания индикатора

係数


初期値:0.6


平滑化係数を設定します。

объём

ボリューム


初期値:25


ボリュームの種類を設定します。

уровень перекупленности 2

買われ過ぎ水準2


初期値:+25


買われ過ぎと判断する水準を設定します。

уровень перекупленности 1

買われ過ぎ水準1


初期値:+10


買われ過ぎと判断する水準を設定します。

уровень перепроданности 1

売られ過ぎ水準1


初期値:-10


売られ過ぎと判断する水準を設定します。

уровень перепроданности 2

売られ過ぎ水準2


初期値:-25


売られ過ぎと判断する水準を設定します。

Сдвиг индикатора по горизонтали в барах

シフト


初期値:0


インジケーターのオフセットを設定します。


「Период графика」はインジケーターを算出する時間枠を設定するための項目で、4時間足に設定した場合、別の時間枠のチャートに切り替えても、4時間足で算出したインジケーターの値が表示されます。


「объём」はインジケーターの算出に用いるボリュームの種類を設定するための項目で、tickとrealから選択できます。


まとめ


「BullsBEArsEyes_Vol_HTF」の特徴をまとめると以下のようになります。


  1. ブルパワーとベアパワーがベースになっている。

  2. マルチタイムフレームに対応。

  3. 買われ過ぎ水準と売られ過ぎ水準は可変式。


「BullsBEArsEyes_Vol_HTF」は、買いと売りの力関係とボリュームを考慮して取引したい方に適したインジケーターです。


実際の取引で使用する前に、十分なテストを実施した上で使用することおすすめします。

関連記事