FXで何やっても勝てなくて、やったコト

計算期間の異なる20本のMFIを同時に表示し、買われ過ぎ/売られ過ぎゾーンに色をつけて表示するMT5インジケータ-「ColorMFI_X20_Cloud」

更新日時:2019年02月16日 06:47

ColorMFI_X20_Cloudスクリーンショット


MFIの計算期間の設定にお悩みですか?


MFIは価格だけでなくボリュームも考慮したインジケーターで、計算期間によって動作が変化し、以下の方法で算出されます。


TP=(高値+安値+終値)/3


MF=TP×ボリューム


前日よりTPが高い場合MFはプラスになり、低い場合MFはマイナスになります。


プラスのマネーフローの合計はプラスマネーフロー、マイナスのマネーフローの合計はマイナスマネーフローと呼ばれます。


MR=N期間のプラスマネーフロー/N期間のマイナスマネーフロ-


MFI=100-(100/(1+MR))


この記事で紹介するColorMFI_X20_Cloudは、一定間隔で計算期間を増加させたMFIを同時に20本表示し、買われ過ぎゾーンと売られ過ぎゾーンにそれぞれ色をつけて表示するインジケーターです。


ColorMFI_X20_Cloudを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

ColorMFI_X20_Cloudのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


ColorMFI_X20_Cloud

↓↓↓↓↓インジケーターの導入手順が分からない方は↓↓↓↓↓

MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT5にインジケーターをインストール(追加)する方法

これでColorMFI_X20_Cloudが表示されました。


ColorMFI_X20_Cloudのパラメーター解説


ColorMFI_X20_Cloudパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


стартовый период

最初のMFIの計算期間

шаг периода

計算期間を増加させる間隔

объём

ボリューム

уровень максимальной перекупленности

買われ過ぎ水準の上限

уровень перекупленности

買われ過ぎ水準の下限

уровень середины

中間水準

уровень перепроданности

売られ過ぎ水準の上限

уровень минимальной перепроданности

売られ過ぎ水準の下限


インジケーターの見方は一般的なオシレーターと同様に、インジケーターが買われ過ぎ/売られ過ぎの水準に到達することでシグナルを発するというもので、買われ過ぎゾーンは緑色、売られ過ぎゾーンはピンクで表示され、買われ過ぎ水準の下限を超えた部分は青色、売られ過ぎ水準の上限を超えた部分は赤いラインで表示されます。


期間の異なる複数のMFIを同時に表示できる為、MFIの計算期間による動作の違いを比較することができ、どの程度の計算期間に設定すべきかを検討するのに役立つインジケーターと言えそうです。

XMはMT5から直接取引できます XMはMT5から直接取引できます

関連記事