FXで何やっても勝てなくて、やったコト

エンベロープをブレイクした値幅をヒストグラム表示するMT5インジケータ-「EMAHLC_Envelope_Oscillator」

更新日時:2021年02月08日 18:37

EMAHLC_Envelope_Oscillatorスクリーンショット


トレンドの勢いを分析する方法があればと考えたことはないでしょうか。


「EMAHLC_Envelope_Oscillator」は、エンベロープをベースにしたインジケーターで次のような方に向いています。


  1. トレンドの勢いを分析したい方

  2. トレンドの方向を分析したい方


この記事では「EMAHLC_Envelope_Oscillator」について詳しく解説します。


  1. EMAHLC_Envelope_Oscillatorの概要
  2. EMAHLC_Envelope_Oscillatorを表示する方法
  3. EMAHLC_Envelope_Oscillatorのパラメーター解説
  4. まとめ

EMAHLC_Envelope_Oscillatorの概要


ボリンジャーバンドを価格がブレイクしたときに、ブレイクした方向にエントリーする手法は、代表的なチャネルブレイクを利用した手法の一つです。


こういった手法はボリンジャーバンド以外のチャネルでも用いられることがあります。


「EMAHLC_Envelope_Oscillator」は、価格がエンベロープをブレイクし、エンベロープからどの程度の距離にあるのかをヒストグラムで表示するオシレーターです。


0より高い水準にあるヒストグラムは水色で表示され、0より低い水準にあるヒストグラムはオレンジで表示されます。


「EMAHLC_Envelope_Oscillator」のブレイクの検出に使用されているエンベロープは、一般的なエンベロープとは異なり、チャネルの上部ラインは高値の指数移動平均、チャネル下部のラインは安値の指数移動平均によって算出されます。


インジケーターの値がプラス圏で推移している場合は、相場が上昇トレンドにある可能性を示唆し、反対にマイナス圏で推移している場合は下降トレンドにある可能性を示唆しています。


ヒストグラムが長いほど、値動きに勢いがある状態です。


EMAHLC_Envelope_Oscillatorを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

EMAHLC_Envelope_Oscillatorのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


EMAHLC_Envelope_Oscillator


MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT5でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


EMAHLC_Envelope_Oscillatorのパラメーター解説


EMAHLC_Envelope_Oscillatorパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


「EMAHLC_Envelope_Oscillator」のパラメーターは、算出期間を設定する項目のみのシンプルな構成になっています。


入力項目 入力内容

Period

算出期間


初期値:14


EMAHLC_Envelope_Oscillatorの算出期間を設定します。


「Period」は、EMAHLC_Envelope_Oscillatorの算出期間を設定するための項目です。


設定した値によって値動きに対するインジケーターの反応速度が変化します。


まとめ


「EMAHLC_Envelope_Oscillator」について解説してきましたが、ポイントをまとめると以下のようになります。


  1. エンベロープから価格までの距離をヒストグラムで表示する。

  2. チャネルの上部ラインは高値の指数移動平均、チャネル下部のラインは安値の指数移動平均をもとに算出される。

  3. ヒストグラムがプラス圏で推移している場合は上昇トレンド、マイナス圏で推移している場合は下降トレンドのシグナル。


「EMAHLC_Envelope_Oscillator」は、トレンドの勢いを分析したい方に向いているインジケーターです。


実際のトレードで使用する場合は、十分にテストを行った上で使用することをおすすめします。

関連記事