FXで何やっても勝てなくて、やったコト

フィッシャー変換を用いたオシレーターを表示するMT5インジケータ-「Fisher_org_v1」

更新日時:2021年04月30日 4:12

Fisher_org_v1スクリーンショット


トレンドが転換する兆候を早い段階でつかめるインジケーターがあればと考えたことはないでしょうか。


「Fisher_org_v1」は、フィッシャー変換指標を表示するインジケーターで次のような方に向いています。


  1. トレンドの転換を分析したい方

  2. 動きの速い相場で取引している方


上記のような方のためにこの記事では、「Fisher_org_v1」について解説します。


  1. Fisher_org_v1の概要
  2. Fisher_org_v1を表示する方法
  3. Fisher_org_v1のパラメーター解説
  4. まとめ

Fisher_org_v1の概要


「Fisher_org_v1」は、フィッシャー変換と呼ばれる方法を用いて価格を正規化するインジケーターです。


為替や株式市場の値動きが反転する確率は、価格の平均値を中心に左右対称と谷型の分布になると言われており、これは価格が平均値から離れれば離れるほど、相場が反転する確率が高くなることを意味しています。


フィッシャー変換は平均値から価格が離れ、極端な値になった場合にシグナルを発します。


同じような考え方のオシレーターは他にも存在しますが、「Fisher_org_v1」は比較的早い段階でシグナルを発する点が特徴です。


「Fisher_org_v1」の値が0レベルから離れるほど、トレンドが転換する可能性が高くなります。


また、0レベルとの交差もトレンドが転換した可能性を示唆するシグナルです。


トレンド相場ではトレンドに逆らった方向にシグナルが多く出るようなので、ダマしのシグナルに注意しましょう。


Fisher_org_v1を表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

Fisher_org_v1のダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


Fisher_org_v1


MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT5でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


Fisher_org_v1のパラメーター解説


Fisher_org_v1パラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


入力項目 入力内容

Length

算出期間


初期値:7


フィッシャー変換の算出期間を設定します。

APPLIED_PRICE

適用価格


初期値:PRICE_CLOSE_


インジケーターの算出に用いる価格の種類を設定します。

Shift

シフト


初期値:0


インジケーターのオフセットを設定します。


「Length」は、「Fisher_org_v1」の算出期間を設定するための項目です。


算出期間を長く設定するほどインジケーターの変化が緩やかになり、短く設定すると動きに対する反応が俊敏になります。


ただし、短くしすぎるとノイズも多くなるので注意しましょう。


「APPLIED_PRICE」は、適用価格を設定するための項目です。


終値や始値以外にも、加重終値など12種類の中から選択します。


「Shift」はインジケーターの表示位置を設定するための項目で、設定した値に応じて表示位置が左右に移動します。


まとめ


「Fisher_org_v1」の特徴をまとめると以下のようになります。


  1. フィッシャー変換指標を表示する。

  2. インジケーターの値が0の水準から離れるほど、トレンドが転換する可能性が高まる。

  3. 比較的早い段階でシグナルを発する。


「Fisher_org_v1」は、早い段階でトレンドが転換する兆候を掴みたい方に向いているインジケーターです。


実際のトレードでどの程度機能するのか、十分に検証した上で使用した方が良いでしょう。

関連記事