FXで何やっても勝てなくて、やったコト

A/Dにフィルタリング機能とシグナル表示機能を追加したMT5インジケータ-「iCrossAD」

更新日時:2021年02月08日 18:44

iCrossADスクリーンショット


トレンドがいつ反転するのかを分析できるインジケーターがあればと考えたことはないでしょうか。


「iCrossAD」はA/Dをベースにしたインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. トレンドが転換するタイミングを分析したい方

  2. 買いが多いのか売りが多いを分析したい方


この記事では「iCrossAD」について解説します。


  1. iCrossADの概要
  2. iCrossADを表示する方法
  3. iCrossADのパラメーター解説
  4. まとめ

iCrossADの概要


トレンドがいつ転換するのかを推測することは、逆張りのトレーダーだけではなく順張りのトレーダーにとっても、利益の乗ったポジションをリスクにさらさないために必要な作業です。


A/D(Accumulation/Distribution)は、買いと売りを比較して相場の反転を分析するインジケーターです。


A/Dをベースに、フィルタリング機能やシグナルを表示する機能を追加したインジケーターが「iCrossAD」です。


「iCrossAD」を起動すると、SCADのラインが赤、相場が強気の矢印は青、相場が弱気の矢印は赤で表示されます。


パラメーターのA/Dのトレンドラインを表示するを「Yes」に設定し、検索領域を表示するを「Yes」設定すると、SCADにトレンドラインが表示されます。


2本のトレンドラインが交差した箇所は、将来的に反転が起こる可能性のあるポイントです。


勢いのある相場ではダマしの反転シグナルを発してしまう可能性があるため、相場の勢いを分析するインジケーターと組み合わせた上で使用した方が良いかもしれません。


また、値幅が極端に狭い相場でもダマしのシグナルを発するようなので、ボラティリティも併せて分析する必要がありそうです。


iCrossADを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

iCrossADのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


iCrossAD


MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT5でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


iCrossADのパラメーター解説


iCrossADパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


入力項目 入力内容

AD applied volume

適用ボリューム


初期値:VOLUME_TICK


A/Dの算出に用いるボリュームの種類を設定します。

Bars for calculate

バーの数


初期値:60


算出に用いるバーの数を設定します。

Unchecked bars

チェックしないバーの数


初期値:3


シグナルと見なさない直近のバーの数を設定します。

Filtering indicator

CCIをフィルタとして使用する/しない


初期値:FILTER_CCI


Without filtrationに設定するとフィルタが無効になります。

Use settings by default CCI parameters

デフォルトのCCI


初期値:YES


YESに設定するのデフォルトのCCIパラメーターが適用されます。

CCI period

CCIの算出期間


初期値:14


CCIの算出期間を設定します。

CCI applied price

CCIの適用価格


初期値:TYPICAL


CCIの算出に用いる価格を設定します。

The upper level of the filter indicator

買われ過ぎ水準


初期値:100


上部フィルタリングレベルの値を設定します。

The lower level of the filter indicator

売られ過ぎ水準


初期値:-100


下部フィルタリングレベルの値を設定します。

raw arrows on chart

チャート上に矢印を表示する/しない


初期値:YES


Noに設定するとチャート上に矢印が非表示になります。

The size of the arrows on the chart

チャート上の矢印のサイズ


初期値:2


チャート上の矢印のサイズを設定します。

Bullish arrows color

強気の矢印の色


初期値:Blue


強気の矢印の表示色を設定します。

Bearish arrows color

弱気の矢印の色


初期値:Red


弱気の矢印の表示色を設定します。

Draw a trend line

A/Dチャートにトレンドラインを表示する/しない


初期値:No


YESに設定するとA/Dチャートにトレンドラインが表示されます。

Trend line thickness

トレンドラインの太さ


初期値:1


トレンドラインの太さを設定します。

Trend line style

トレンドラインのスタイル


初期値:Dot


トレンドラインの種類を設定します。

Downtrend line color

下降トレンドの色


初期値:Red


下降トレンドラインの表示色を設定します。

Uptrend line color

上昇トレンドの色


初期値:Blue


上昇トレンドライン表示を設定します。

Draw the search area

検索領域を表示する/しない


初期値:No


YESに設定すると検索領域が表示されます。

Search area style

検索領域のスタイル


初期値:Frame


検索領域の表示方法を設定します。

Search area line width (if Frame mode)

検索領域の線の幅


初期値:1


検索領域の幅を設定します。

Search area line style (if Frame mode)

検索領域の線のスタイル


初期値:Solid


検索領域の線の種類を設定します。

Search area color

検索領域の色


初期値:LightSteelBlue


検索領域の表示色を設定します。


「AD applied volume」は、A/Dの算出に用いるボリュームを設定するための項目で、Tick とRealから選択します。


「Filtering indicator」は、CCIをフィルタとして使用するか否かを設定するための項目です。


初期設定ではフィルタが有効になっていますが、無効にしたい場合はWithout filtrationに変更しましょう。


まとめ


「iCrossAD」の特徴をまとめると以下のようになります。


  1. A/Dをベースにしたインジケーター。

  2. 2本のトレンドラインが交差した箇所では、トレンドが反転する可能性がある。


「iCrossAD」は、トレンドがいつ転換するのかを分析したい方に適したインジケーターです。


トレンド相場で取引することが多い方は、一度試してみてはいかがでしょうか。

関連記事