FXで何やっても勝てなくて、やったコト

ROCにシグナルラインを追加したMT5インジケータ-「ROC_with_Signal_MA」

更新日時:2021年03月06日 17:33

ROC_with_Signal_MAスクリーンショット


現在の相場が強気なのか弱気なのか判断に迷った経験はないでしょうか。


「ROC_with_Signal_MA」は、ROCをベースにしたインジケーターで次のような方に向いています。


  1. 相場が強気なのか弱気なのかを分析したい方

  2. トレンドの転換を分析したい方


この記事では「ROC_with_Signal_MA」について詳しく解説します。


  1. ROC_with_Signal_MAの概要
  2. ROC_with_Signal_MAを表示する方法
  3. ROC_with_Signal_MAのパラメーター解説
  4. まとめ

ROC_with_Signal_MAの概要


ROCは、相場が強気なのか弱気なのかを見極めるために使用されるオシレーターで、通常は1本のラインによって構成されています。


「ROC_with_Signal_MA」はROCに加えて、ROCを平滑化したシグナルラインを表示します。


「ROC_with_Signal_MA」の算出方法は以下の通りです。


ROC=100×(終値-n期間前の終値)/n期間前の終値


シグナル=ROCの移動平均


ROCはグリーンのラインで表示され、シグナルラインは赤で表示されます。


通常のROCと同様に、0より上の水準でインジケーターが推移している場合、相場が強気である可能性を示唆しています。


0より下の水準で推移している場合は、弱気相場のシグナルです。


RCOとシグナルラインの交差が、相場が転換するシグナルになるようですがノイズが多いため、このインジケーター単体で相場の転換を捉えるのは難しいでしょう。


ROC_with_Signal_MAを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

ROC_with_Signal_MAのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


ROC_with_Signal_MA


MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT5でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


ROC_with_Signal_MAのパラメーター解説


ROC_with_Signal_MAパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


「ROC_with_Signal_MA」のパラメーターは、ROCに関する項目とシグナルラインの算出方法に関する項目で構成されています。


入力項目 入力内容

ROC period

ROCの期間


初期値:8


ROCの算出期間を設定します。

Signal MA period

平滑化期間


初期値:8


シグナルラインを平滑化する期間を設定します。

Signal MA method

平滑化方法


初期値:MODE_EMA


シグナルラインの平滑化に用いる移動平均の種類を設定します。


「Signal MA period」は、シグナルラインの平滑化期間を設定するための項目です。


大きな値に設定するほど平滑化の度合いが大きくなります。


「Signal MA method」は、シグナルラインの平滑化に使用する移動平均の種類を設定するための項目です。


初期設定では指数平滑移動平均に設定されていますが、単純移動平均や加重移動平均に変更することもできます。


まとめ


「ROC_with_Signal_MA」の特徴をまとめると以下のようになります。


  1. ROCはグリーンのラインで表示され、シグナルラインは赤で表示される。

  2. 0より上の水準でインジケーターが推移している場合は相場が強気。

  3. 0より下の水準で推移している場合は弱気相場。

  4. RCOとシグナルラインの交差は相場が転換するシグナル。


「ROC_with_Signal_MA」は、現在の相場が強気なのか弱気なのかを分析したい方に適したインジケーターです。


前述の通りノイズも多いため、転換を分析する場合は、ほかのインジケーターを組み合わせた方が良いでしょう。

関連記事