FXで何やっても勝てなくて、やったコト

平滑化したSARをオシレーターとして表示するMT5インジケータ-「SAR_Oscillator」

更新日時:2019年02月11日 05:19

SAR_Oscillatorスクリーンショット


平滑化されたパラボリックSARを使ってみたいと考えたことはないでしょうか。


この記事で紹介するSAR_Oscillatorは、パラボリックSARと価格との差を平滑化し、オシレーターとして表示するインジケーターで、以下の方法で算出されます。


SAR_Oscillator=(終値-SAR)のn期間移動平均


SAR_Oscillatorを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

SAR_Oscillatorのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


SAR_Oscillator

↓↓↓↓↓インジケーターの導入手順が分からない方は↓↓↓↓↓

MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT5にインジケーターをインストール(追加)する方法

これでSAR_Oscillatorが表示されました。


SAR_Oscillatorのパラメーター解説


SAR_Oscillatorパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


SAR step

SARの加速因子

SAR maximum

SARの極大値

Smoothing Period

平滑化期間


オシレーターの値がプラス圏にある場合は、相場が上昇していることを示し、マイナス圏にある場合は相場が下降していることを示しており、これによってエントリーすべき方向を確認することができます。


SARを使用してエントリーする場合、SARとローソク足の接触がシグナルとして用いられますが、SAR_Oscillatorはオシレーター形式のインジケーターで、そういった使い方はできない為、エントリーのタイミングを計る為には別のインジケーターを用いる必要があります。


オシレーター系のインジケーターは振り幅を見る為のものであり、売られ過ぎ/買われ過ぎ水準が設定されているものが多いですが、このインジケーターも同じような方法で使用できるかどうかは不明です。

XMはMT5から直接取引できます XMはMT5から直接取引できます

関連記事