FXで何やっても勝てなくて、やったコト

平滑化したSARをオシレーターとして表示するMT5インジケータ-「SAR_Oscillator」

更新日時:2021年04月19日 19:01

SAR_Oscillatorスクリーンショット


パラボリックSARのノイズに悩まされた経験はないでしょうか。


「SAR_Oscillator」は、パラボリックSARと価格との差を平滑化したオシレーターで次のような方に向いています。


  1. パラボリックSARのノイズに悩まされている方

  2. トレンドの転換を分析したい方

  3. 損切りのタイミングを分析したいから


この記事では「SAR_Oscillator」について詳しく解説します。


  1. SAR_Oscillatorの概要
  2. SAR_Oscillatorを表示する方法
  3. SAR_Oscillatorのパラメーター解説
  4. まとめ

SAR_Oscillatorの概要


「SAR_Oscillator」を起動すると、サブウィンドウ上にヒストグラムが表示されます。


「SAR_Oscillator」の算出方法は以下の通りです。


SAR_Oscillator=(終値-SAR)の「Smoothing Period」期間移動平均


オシレーターの値がプラス圏にある場合は、相場が上昇していることを示しており、マイナス圏にある場合は相場が下降している状態です。


SARを使用してエントリーする場合、SARとローソク足の接触がシグナルとして用いられますが、「SAR_Oscillator」では0レベルとのクロスがシグナルです。


平滑化処理が施されており、通常のパラボリックSARよりもノイズが少ないため、ダマしのシグナルも抑えられています。


SAR_Oscillatorを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

SAR_Oscillatorのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


SAR_Oscillator


MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT5でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


SAR_Oscillatorのパラメーター解説


SAR_Oscillatorパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


「SAR_Oscillator」のパラメーターは、パラボリックSARに関する項目と平滑化に関する項目で構成されています。


入力項目 入力内容

SAR step

加速因子


初期値:0.02


SARの加速因子を設定します。

SAR maximum

極大値


初期値:0.2


SARの加速因子の極大値を設定します。

Smoothing Period

平滑化期間


初期値:7


平滑化する時間を設定します。


「SAR step」は、SARの加速因子を設定するための項目です。


大きな値に設定するほどパラボリックSARが価格に追いつく速度が高くなります。


「Smoothing Period」は、「SAR_Oscillator」の平滑化期間を設定するための項目です。


長い期間に設定するほど平滑化の度合いが強くなり、ノイズも少なくなります。


まとめ


「SAR_Oscillator」について解説してきましたが、ポイントをまとめると以下のようになります。


  1. パラボリックSARと価格との差を平滑化して算出される。

  2. オシレーターの値がプラス圏にある場合は、相場が上昇している状態。

  3. オシレーターの値がマイナス圏にある場合は、相場が下降している状態。


「SAR_Oscillator」は、トレンドの転換や損切りのタイミングを分析したい方に向いているインジケーターです。


パラボリックSARのダマしのシグナルに悩まされている方は、一度試してみると良いでしょう。

関連記事