FXで何やっても勝てなくて、やったコト

期間の異なる3つのモメンタムを1つにしたオシレーターを表示するMT5インジケータ-「Ultimate_Oscillator」

更新日時:2021年03月06日 17:30

Ultimate_Oscillatorスクリーンショット


長期的なトレンドの転換を分析できるインジケーターがあればと考えたことはないでしょうか。


「Ultimate_Oscillator」は、次のような方に向いているインジケーターです。


  1. トレンドの転換を分析したい方

  2. 長期的な値動きを分析したい方


この記事では「Ultimate_Oscillator」について詳しく解説します。


  1. Ultimate_Oscillatorの概要
  2. Ultimate_Oscillatorを表示する方法
  3. Ultimate_Oscillatorのパラメーター解説
  4. まとめ

Ultimate_Oscillatorの概要


モメンタムは価格の勢いを測定するオシレーターで、MT5に標準でインストールされています。


「Ultimate_Oscillator」は、期間の異なる3つのモメンタムをもろに算出されるオシレーターで、以下の方法によって算出されます。


BP=終値-(安値か前の終値の内低い方)


TR=(高値か前の終値の内高い方)-(安値か日前の終値のうち低い方)


各モメンタムの計算期間で設定した期間のBPの合計をTRの合計で割る。


Avg1=1番目のモメンタムの計算期間のBPの合計/TRの合計


Avg2=2番目のモメンタムの計算期間のBPの合計/TRの合計


Avg3=3番目のモメンタムの計算期間のBPの合計/TRの合計


Ultimate_Oscillator=100×((4×Avg1)+(2×Avg2)+Avg3)/(4+2+1)


インジケーターの見方は通常のモメンタムと同様です。


買われ過ぎ水準/売られ過ぎ水準に、インジケーターの値が達することでシグナルを発します。


デフォルトでは、買われ過ぎ水準は70、売られ過ぎ水準は30に設定されています。


Ultimate_Oscillatorを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

Ultimate_Oscillatorのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


Ultimate_Oscillator


MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT5でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


Ultimate_Oscillatorのパラメーター解説


Ultimate_Oscillatorパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


入力項目 入力内容

First momentum period

1番目のモメンタムの期間


初期値:7


1番目のモメンタムの算出期間を設定します。

Second momentum period

2番目のモメンタムの期間


初期値:14


2番目のモメンタムの算出期間を設定します。

Third momentum period

3番目のモメンタムの期間


初期値:28


3番目のモメンタムの算出期間を設定します。

Overbought

買われ過ぎ水準


初期値:70.0


買われ過ぎと判定する水準を設定します。

Oversold

売られ過ぎ水準


初期値:30.0


売られ過ぎと判定する水準を設定します。


「First momentum period」「Second momentum period」「Third momentum period」は、各モメンタムの算出期間を設定するための項目で、「Ultimate_Oscillator」の反応速度が変化します。


「Overbought」と「Oversold」は、買われ過ぎ/売られ過ぎ水準を設定するための項目です。


ダマしのシグナルが多い場合は、調整すると良いでしょう。


まとめ


「Ultimate_Oscillator」の特長は以下の通りです。


  1. 3つのモメンタムをもとに算出される。

  2. 通常のモメンタムと同様に、買われ過ぎ水準/売られ過ぎ水準に値が達することでシグナルを発する。


「Ultimate_Oscillator」は、値動きが転換する兆候を分析したい方に向いているインジケーターです。


週足での使用が前提になっているようなので、長期のトレーダー向けのインジケーターと言えるでしょう。

関連記事