FXで何やっても勝てなくて、やったコト

フィッシャー変換を使用したインジケーターを色つきのローソク足で表示するMT5インジケータ-「XFisher_org_v2_Candle」

更新日時:2019年02月08日 15:16

XFisher_org_v2_Candleスクリーンショット


定番のオシレーターは、多くの人に支持され優れた点も多いですが、そういったオシレーターの反応速度に不満を持ったことはないでしょうか。


この記事で紹介するXFisher_org_v2_Candleは、フィッシャー変換と呼ばれる方法で価格を正規化したもので、他のオシレーターと比較してフィッシャー変換を用いたオシレーターは、価格に対する反応が早いと言われています。


XFisher_org_v2_Candleを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

XFisher_org_v2_Candleのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


XFisher_org_v2_Candle

↓↓↓↓↓インジケーターの導入手順が分からない方は↓↓↓↓↓

MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT5にインジケーターをインストール(追加)する方法

これでXFisher_org_v2_Candleが表示されました。


XFisher_org_v2_Candleのパラメーター解説


XFisher_org_v2_Candleパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


глубина усреднения

インジケーターの計算期間

Метод сглаживания

平滑化の種類

Глубина сглаживания

平滑化の深さ

параметр сглаживания

平滑化パラメーター(平滑化の種類によって役割が異なる。)

размер неучитываемого гэпа в пунктах

考慮されなかったポイント差

уровень перезакупа

買われ過ぎ水準

уровень перепроданности

売られ過ぎ水準

Сдвиг индикатора по горизонтали в барах

インジケーターの水平方向へのシフト


このインジケーターを使用するには、SmoothAlgorithms.mqhライブラリークラスが必要な為、インジケーターのダウンロードページからSmoothAlgorithms.mqhをダウンロードし、terminal_data_folder>\MQL5\Includeフォルダ内にコピーして下さい。


初期設定での買われ過ぎ水準/売られ過ぎ水準は、それぞれ0.6と-0.6設定されており、この水準を超えた陽線は青色、陰線はピンク色で表示され、この水準の内側にあるローソク足は、陽線は水色、陰線は淡い紫色で表示されます。


ローソク足のヒゲではなく、実体部分と買われ過ぎ/売られ過ぎ水準とのクロスをシグナルにした方が良さそうですが、十分にテストした上で使用することをお薦めします。

関連記事