FXで何やっても勝てなくて、やったコト

短期的な相場の勢いを測定するMT5インジケータ-「Average_Change」

更新日時:2021年02月20日 19:36

Average_Changeスクリーンショット


トレンドが継続するかどうかを分析できるインジケーターがあればと考えたことはないでしょうか。


「Average_Change」は以下のような方に向いているインジケータです。


  1. トレンドが継続するかどうかを分析したい方

  2. 値動きの勢いを分析したい方


この記事では、「Average_Change」について詳しく解説します。


  1. Average_Changeの概要
  2. Average_Changeを表示する方法
  3. Average_Changeのパラメーター解説
  4. まとめ

Average_Changeの概要


モメンタムは、マーケットの勢いとその方向を見極めるためのインジケーターです。


直近の終値からN期間前の終値を引くことで算出され、モメンタムの移動平均線と一緒に表示して使用されることもあります。


「Average_Change」は、モメンタムに似た方法で算出されるインジケーターです。


モメンタムとの違いは、直近の適用価格からひとつ前のバーの適用価格引いて算出する点です。


計算期間を1に設定すると、モメンタムの移動平均線と同様の値を表示します。


「Average_Change」は以下の方法によって算出されます。


AC=直近の適用価格-前の適用価格


Average_Change=ACの移動平均


「Average_Change」は2本のラインで構成され、ACはグリーン、Average_Changeは赤で表示されます。


Average_Changeが0より上で上昇している場合、価格が上昇傾向にあることを示しており、反対に0より下で下降している場合は、価格も下降傾向にあることを示しています。


トレンド相場内でAverage_Changeが横ばいに推移している場合、トレンド相場の勢いが衰えていることを示唆し、それ以外の場面で横ばいに推移している場合、持ち合い相場である可能性を示しています。


Average_Changeの振り幅が小さく変化が分かりづらいため、スケールの変更を行った上で使用した方が良いかもしれません。


Average_Changeを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

Average_Changeのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


Average_Change


MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT5でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


Average_Changeのパラメーター解説


Average_Changeパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


入力項目 入力内容

Period

移動平均の計算期間


初期値:10


ACの移動平均の算出期間を設定します。

Method

移動平均


初期値:MODE_SMA


移動平均の算出方法を設定します。

Applied price

適用価格


初期値:PRICE_CLOSE


Average_Changeの算出に用いる価格の種類を設定します。


「Method」は、インジケーターの算出に用いる移動平均の算出方法を設定するための項目です。


初期設定では単純移動平均に設定されていますが、指数平滑移動平均や平滑化移動平均、線形加重移動平均に変更することもできます。


「Applied price」は、適用価格を設定するための項目です。


終値や始値、高値、安値、中間値、TP、加重終値の中から選択します。


まとめ


「Average_Change」について解説してきましたが、ポイントをまとめると以下のようになります。


  1. ACはグリーン、Average_Changeは赤で表示される。

  2. 0より上で上昇している場合、価格が上昇している状態。

  3. 0より下で下降している場合、価格が下降している状態。

  4. 横ばいに推移している場合、トレンド相場の勢いが衰えていることを示唆。


「Average_Change」は、値動きの勢いを分析したい方に向いているインジケーターです。


トレンド相場内で、ポジションを保有し続けるかどうか判断する際に活用すると良いでしょう。

関連記事