FXで何やっても勝てなくて、やったコト

価格の中央値の移動平均をもとにしたオシレーターを表示するMT5インジケーター「awesome_oscillator」

更新日時:2019年08月28日 09:43

awesome_oscillatorスクリーンショット


価格の転換を捉えるオシレーターといえば、RSIやストキャスティクスなどが定番ですが、他のオシレーターも試してみたいと考えたことはないでしょうか?


「awesome_oscillator」は、価格の中央値をもとに算出されるオシレーターで、Bill Williams'sによって考案されました。


インジケーターを起動すると、サブウィンドウ上にヒストグラムが表示され、「awesome_oscillator」の値が増加すると緑色のヒストグラム、減少すると赤色のヒストグラムが表示されます。


「awesome_oscillator」の算出方法は以下の通りです。


中央値=(高値-安値)/2


awesome_oscillator=中央値の5期間移動平均-中央値の34期間移動平均


「awesome_oscillator」の移動平均の算出方法には、単純移動平均が用いられてます。


awesome_oscillatorを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

awesome_oscillatorのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


awesome_oscillator

↓↓↓↓↓インジケーターの導入手順が分からない方は↓↓↓↓↓

MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご覧下さい。


MT5にインジケーターを追加(インストール)する方法

これでawesome_oscillatorが表示されました。


awesome_oscillatorのパラメーター解説


awesome_oscillatorパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


このインジケーターに、トレーダーが変更可能なパラメーターはありません。


無し

変更可能なパラメーターはありません。


開発者によると「awesome_oscillator」の買いシグナルは、インジケーターの値が0の水準を下から上に超えた場合、マイナス圏で右上がりのダブルボトムが形成された場合、そして、プラス圏で3本の連続したヒストグラム内、2本目が赤色になり3本目が緑色になった場合です。


買いシグナルと逆のパターンが現れた場合は、売りシグナルになります。


プルバックを伴うトレンド相場では、ダマしのシグナルが多くなりますので注意が必要ですが、逆張り系の手法を好んで使う方にとっては、試してみる価値のあるインジケーターなのではないでしょうか。

XMはMT5から直接取引できます XMはMT5から直接取引できます

関連記事