FXで何やっても勝てなくて、やったコト

価格が下落する可能性が高まるとピークを形成するMT5インジケーターを表示する「chv」

更新日時:2019年08月30日 08:45

chvスクリーンショット


価格の変化とボラティリティーを考慮したインジケーターがあればと考えたことはないでしょうか?


「chv」はCHV(Chaikin's volatility indicator)をMT5で表示するためのインジケーターで、高値と安値の差とボラティリティーをもとに算出されます。


「chv」の算出方法は以下の通りです。


HL=高値-安値


HLP=「CHV period」期間前の高値-「CHV period」期間前の安値


chv=(HLの10期間指数平滑移動平均-HLPの10期間指数平滑移動平均)/HLPの10期間指数平滑移動平均×100


chvを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

chvのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


chv

↓↓↓↓↓インジケーターの導入手順が分からない方は↓↓↓↓↓

MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご覧下さい。


MT5にインジケーターを追加(インストール)する方法

これでchvが表示されました。


chvのパラメーター解説


chvパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


「chv」のパラメーターは、「Smoothing period」「CHV period」「Smoothing method」の3項目で構成され、初期設定の値は「Smoothing period」が10、「CHV period」が10、「Smoothing method」がEMAに設定されています。


Smoothing period

平滑化期間

CHV period

価格を比較する期間

Smoothing method

平滑化方法


価格がピークをつけ、インジケーターにもピークが形成されると、価格が下落する可能性を示しています。


開発者は「chv」を使用する場合、単体で使用するのではなく、エンベロープや移動平均線と組み合わせて使用することを推奨しています。


価格が下落する可能性を、事前に把握しておきたいという方に向いているインジケーターと言えます。

XMはMT5から直接取引できます XMはMT5から直接取引できます

関連記事