FXで何やっても勝てなくて、やったコト

ノイズを取り除いた直近の値動きを表示するMT5インジケーター「swingindex」

更新日時:2022年01月19日 16:00

swingindexスクリーンショット


直近の値動きに惑わされて取引に失敗したという経験はないでしょうか。


「swingindex」は、ノイズを取り除いた短期的な値動きを表示するインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. 直近の値動きに惑わされて取引に失敗した経験がある方

  2. 短期的な値動きの方向を分析したい方

  3. ノイズを取り除いた直近の値動きだけを分析したい方


以上のような方のためにこの記事では、「swingindex」について解説します。


  1. swingindexの概要
  2. swingindexを表示する方法
  3. swingindexのパラメーター解説
  4. まとめ

swingindexの概要


「swingindex」を起動するとサブウィンドウ上に、黄色のラインが表示されます。


「swingindex」は、直近の価格が1つ前のローソク足と比較してどの程度変化したのかを示しています。


単純に1つ前のローソク足の始値と直近の終値の差を算出するのではなく、直近のローソク足の高値や安値との差の内、もっとも値幅が大きい値をもとに算出される点が特徴です。


インジケーターの値が0より上で推移している場合、短期的な値動きが上昇していることを示しています。


反対に0より下で推移している場合は、短期的な値動きが下降している状態です。


インジケーターの振り幅は、価格の変化の大きさを示しています。


値の変化が大きいほど、直近の価格が大きく変化していることを示しています。


swingindexを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

swingindexのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


swingindex


MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT5でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


swingindexのパラメーター解説


swingindexパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


「swingindex」のパラメーターは、スケールを設定するための項目とシフトを設定するための項目の2つで構成されています。


入力項目 入力内容

Scaling ratio

スケール比


初期値:30000


インジケーターのスケールを調整します。

Horizontal shift of the indicator in bars

水平方向へのシフト


初期値:0


インジケーターの水平方向のオフセットを設定します。


「Scaling ratio」は、インジケーターのスケールを調整するための項目ですが、変更しても基本的にインジケーターの表示に大きな変化はありません。


「Horizontal shift of the indicator in bars」は、インジケーターの水平方向のオフセットを設定するための項目です。


負の値を入力するとインジケーターの表示位置が左に移動します。


反対に正の値を入力すると表示位置が右に移動します。


まとめ


「swingindex」について解説してきましたが、ポイントをまとめると以下のようになります。


  1. ノイズを取り除いた直近の値動きと値幅を表示する

  2. ひとつ前のローソク足の始値との差をもとに算出される

  3. インジケーターが0より上で推移している場合は直近の価格が上昇している状態

  4. インジケーターが0より下で推移している場合は直近の価格が下降している状態


「swingindex」は、直近の価格が向かっている方向を分析したい方に向いているインジケーターです。


短期的な値動きを分析したい場合などに活用できるのではないでしょうか。

関連記事