FXで何やっても勝てなくて、やったコト

Ehlerの重心インジケーターを表示するMT5インジケータ-「Ehlers_CG」

更新日時:2021年02月06日 22:45

Ehlers_CGスクリーンショット


トレンドの反転を分析できるインジケーターには様々な種類が存在しますが、ラグが少ないものを使いたいと思ったことはないでしょうか。


「Ehlers_CG」は、MACDのような2本のラインで構成されるオシレーターで、次のような方に向いています。


  1. トレンドの反転を分析したい方

  2. ラグの少ないオシレーターを探している方


上記のような方のためにこの記事では、「Ehlers_CG」について解説します。


  1. Ehlers_CGの概要
  2. Ehlers_CGを表示する方法
  3. Ehlers_CGのパラメーター解説
  4. まとめ

Ehlers_CGの概要


価格が反転するかどうかを分析する方法には、ヘッドアンドショルダーズなどのローソク足のフォーメーションにもとづくものの他、オシレーターを用いる方法も広く知られています。


「Ehlers_CG」は価格の反転を分析するためのオシレーターで、John Ehlersによって考案された適応フィルタを用いて相場の反転を分析するインジケーターです。


「Ehlers_CG」は一般的なオシレーターと同じように、インジケーターの振り幅から買われ過ぎ/売られ過ぎを判断しますが、シグナルとなる水準は固定値ではありません。


インジケーターのピーク同士を比較し、前のピークよりも振り幅が大きく、メインラインとシグナルラインがインジケーターの内側に向けて交差している場合、相場が反転する可能性を示しています。


また、このインジケーターではダイバージェンスも有効とされています。


価格が高値を更新しているのにもかかわらず、インジケーターの値が前の上方向へのピークを上回ることができなかった場合、相場が下降する可能性を示しています。


反対に、価格が安値を更新しているのにも関わらず、インジケーターの値は前の下方向へのピークに届かなかった場合は相場が上昇する可能性を示しています。


Ehlers_CGを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

Ehlers_CGのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


Ehlers_CG


MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT5でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


Ehlers_CGのパラメーター解説


Ehlers_CGパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


「Ehlers_CG」のパラメーターは、インジケーターの算出期間を設定する項目のみのシンプルな構成になっています。


入力項目 入力内容

Period

算出期間


初期値:10


インジケーターの算出期間を設定します。


「Period」は、インジケーターの算出期間を設定するための項目です。


期間を長く設定すると長期的な値動きがインジケーターに反映され、描写されるラインの変化が緩やかになります。


一方、算出期間を短く設定すると短期的な値動きが反映され、値動きに対するインジケーターの反応が俊敏になります。


算出期間を短くし過ぎると、ダマしのシグナルも多くなるため注意しましょう。


まとめ


「Ehlers_CG」について解説してきましたが、ポイントをまとめると以下のようになります。


  1. John Ehlersによって考案された適応フィルタを用いて相場の反転を分析するインジケーター。

  2. 前のピークよりも値が大きく、メインラインとシグナルラインが内側に向けて交差した場合は、トレンドが反転するシグナル。


「Ehlers_CG」は、トレンドの反転を捉えたい方に適したインジケーターです。


また、インジケーターの開発者によると「Ehlers_CG」はラグが少ないとのことなので、動きの速い相場で価格の反転を捉えたい場合に活用するとよいでしょう。

関連記事