FXで何やっても勝てなくて、やったコト

2つのインジケーターの示す方向が一致した場合にシグナルを発するMT5インジケータ-「GHLA_ST_Bar」

更新日時:2021年01月06日 20:08

GHLA_ST_Barスクリーンショット


トレンドの有無を分析できるインジケーターを、試してみたいと考えたことがないでしょうか。


「GHLA_ST_Bar」は、GHLAとSuperTrendをベースにしたインジケーターで次のような方に向いています。


  1. トレンドの有無を分析したい方

  2. シンプルなインジケーターを探している方


この記事では「GHLA_ST_Bar」について詳しく解説します。


  1. GHLA_ST_Barの概要
  2. GHLA_ST_Barを表示する方法
  3. GHLA_ST_Barのパラメーター解説
  4. まとめ

GHLA_ST_Barの概要


「GHLA_ST_Bar」を起動すると、サブウィンドウ上に帯が表示されます。


GHLA(Gann HiLo Activator)とSuperTrendはどちらも価格が向かっている方向を表示するトレンドフォロー型のインジケーターで、これらふたつのインジケーターから発せられるシグナルを色つきの帯としてサブウィンドウ上に表示するのが「GHLA_ST_Bar」です。


このインジケーターを使用するにあたって、GHLA・SuperTrendを別途インストールする必要はありません。


GHLA・SuperTrend共に、上昇トレンドを示している場合、インジケーターはグリーンの帯で表示され、GHLA・SuperTrend両方のインジケーターが下降トレンドを示している場合には赤色の帯が表示されます。


また、GHLAとSuperTrendがそれぞれ別方向へのシグナルを発している場合にはグレーの帯が表示され、明確なトレンドが存在しないことを示しています。


GHLA_ST_Barを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

GHLA_ST_Barのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


GHLA_ST_Bar


MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT5でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


GHLA_ST_Barのパラメーター解説


GHLA_ST_Barパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


入力項目 入力内容

GHLA period

GHLAの期間


初期値:10


GHLAの算出期間を設定します。

SuperTrend period

SuperTrendの期間


初期値:14


SuperTrendの算出期間を設定します。

SuperTrend shift

SuperTrendのシフト


初期値:20


SuperTrendのオフセットを設定します。

Use SuperTrend filter

SuperTrendをフィルターとして使用する/しない


初期値:Yes


Noに設定するとフィルターが無効になります。


「GHLA period」はGHLAの算出期間の算出期間を設定するための項目で、大きな値に設定すると長期的なボラティリティがインジケーターに反映されます。


「SuperTrend period」は、SuperTrendの算出期間を設定するための項目で、大きな値に設定すると長期的な値動きがインジケーターに反映されます。


「Use SuperTrend filter」はフィルターの有無を設定するための項目です。


Noに設定すると、SuperTrendによるフィルタリングが無効になります。


まとめ


「GHLA_ST_Bar」について解説してきましたが、要点をまとめると以下のようになります。


  1. トレンドの方向を帯の色で表示する。

  2. グリーンの帯が表示されている場合は上昇トレンド。

  3. 赤色の帯が表示されている場合は下降トレンド。

  4. トレンドが存在しない場合は帯がグレーで表示される。


「GHLA_ST_Bar」は、トレンドの有無を見極めたい方に向いているインジケーターです。


持ち合い相場などの動意の薄い場面ではダマしのシグナルが多いようなので、トレンドの存在やその強度を分析するためのインジケーターと組み合わせて使用するのが良いかもしれません。

関連記事