FXで何やっても勝てなくて、やったコト

買いと売りの圧力を表示するMT5インジケーター「Buying_selling_Pressure」

更新日時:2021年05月19日 22:03

Buying_Selling_Pressureスクリーンショット


買いと売りの力関係を分析できるインジケーターがあればと考えたことはないでしょうか。


「Buying_Selling_Pressure」は、買いと売りの圧力を表示するインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. 買いと売りの力関係を分析したい方

  2. 買いと売りの内、どちらが優勢なのかを分析したい方


この記事では「Buying_Selling_Pressure」について詳しく解説します。


  1. Buying_Selling_Pressureの概要
  2. Buying_Selling_Pressureを表示する方法
  3. Buying_Selling_Pressureのパラメーター解説
  4. まとめ

Buying_Selling_Pressureの概要


「Buying_Selling_Pressure」は、一定期間内の始値から高値までの値幅と、始値から安値までの値幅をもとに算出されます。


「Buying_Selling_Pressure」の算出方法は以下の通りです。


BP(買い圧力)=高値-始値


SP(売り圧力)=始値-安値


PP(支配的圧力)=BPとSPを比較し値の高い方


BP・SP・PPをそれぞれ平滑化した値が、インジケーターとして表示されます。


パラメーターを変更すれば、平滑化を適用せずに表示することも可能です。


初期設定ではPPのみを表示する設定になっていますが、BP・SPの両方を表示する設定にした方がより見やすくなるでしょう。


両方を表示すると、BPは黄緑色のライン、SPはオレンジ色のラインとして表示され、どちらの値が高いのかを確認することで、支配的な圧力を知ることができます。


DMIに似ているので、一見すると+DIと-DIのような使い方ができそうですが、頻繁にBPとSPがクロスするので、トレンドの方向を判断するのは難しそうです。


あくまでその時点での買い圧力と売り圧力を比較する為のインジケーターと考えた方が良いでしょう。


Buying_Selling_Pressureを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

Buying_Selling_Pressureのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


Buying_Selling_Pressure


MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT5でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


Buying_Selling_Pressureのパラメーター解説


Buying_Selling_Pressureパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


入力項目 入力内容

Period

計算期間


初期値:14


Buying_Selling_Pressureの算出期間を設定します。

Smoothing period

平滑化する期間


初期値:4


平滑化期間を設定します。

Smoothing method

平滑化方法


初期値:0


平滑化に用いる移動平均の種類を設定します。

Pressure filter

圧力フィルタの種類


初期値:Prevailing pressure


圧力フィルターの種類を設定します。

Smoothing filter

平滑化フィルタの種類


初期値:Only smoothed


平滑化フィルタの種類を設定します。


「Period」は、「Buying_Selling_Pressure」の算出期間を設定するための項目です。


設定した値に応じて、圧力を測定する期間が変化します。


「Pressure filter」は、圧力フィルタの種類を設定するための項目です。


Both pressures、Buying pressure、Selling pressure、Prevailing pressureの4種類から選択します。


「Smoothing filter」は、平滑化フィルタの種類を設定するための項目です。


Both、Only unsmoothed、Only smoothedの3種類から選択します。


まとめ


「Buying_Selling_Pressure」の特徴をまとめると以下のようになります。


  1. 一定期間中の買い圧力と売り圧力の強さを表示する。

  2. BPが黄緑色のライン、SPがオレンジ色のラインで表示される。


「Buying_Selling_Pressure」は、買いと売りの力関係を分析したい方に向いているインジケーターです。


「Buying_Selling_Pressure」のみで、エントリーのタイミングを分析するのは難しいため、ほかのインジケーターと組み合わせて使用した方が良いでしょう。

関連記事