FXで何やっても勝てなくて、やったコト

ローソク足の中間をドットで表示するMT5インジケータ-「CandleMidPoint」

更新日時:2021年02月08日 18:35

CandleMidPointスクリーンショット


ローソク足の中間を表示してくれるインジケーターがあればと考えたことはないでしょうか。


「CandleMidPoint」は、ローソク足の中央に記号を表示するインジケーターで、以下のような方に向いています。


  1. ローソク足の中央値を確認したい方


この記事では、「CandleMidPoint」について詳しく解説します。


  1. CandleMidPointの概要
  2. CandleMidPointを表示する方法
  3. CandleMidPointのパラメーター解説
  4. まとめ

CandleMidPointの概要


「CandleMidPoint」を起動すると、ローソク足の中間に水色のドットが表示されます。


ローソク足チャートはFXにおいてよく用いられるチャートですが、相場によっては価格の向かっている方向が分かりにくい場合があります。


ローソク足チャートから必要な情報を抽出するためにさまざまなインジケーターが開発されていますが、「CandleMidPoint」は、各ローソク足の中間の値を表示するすることで、値動きの芯の部分を表示するインジケーターです。


「CandleMidPoint」は以下の方法によって算出されます。


パラメーターのMiddle point forがCandleに設定されている場合。


Middle point=(高値+安値)/2


パラメーターのMiddle point forがBodyに設定されている場合。


Middle point=(初値+終値)/2


初期設定では中間の値の算出に使用するローソク足の部位はCandleに設定されており、ローソク足の高値と安値の中間値にドットが表示されます。


中間の値の算出に使用するローソク足の部位をBodyに設定した場合は、ローソク足のヒゲの部分は無視され、実体部分だけを用いて中間値が算出されます。


CandleMidPointを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

CandleMidPointのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


CandleMidPoint


MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT5でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


CandleMidPointのパラメーター解説


CandleMidPointパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


入力項目 入力内容

Middle point for

適用箇所


初期値:Candle


中間の値の算出に使用するローソク足の部位を設定します。

Dots type

記号の種類


初期値:Small Dot


Middle pointに表示する記号の種類を設定します。


「Middle point for」は、中央値の算出に用いる部位を設定するための項目です。


Candleを選択した場合は高値と安値の中央値、Bodyを選択した場合は始値と終値の中央値を算出します。


「Dots type」は中央値に表示する記号を設定するための項目です。


極小のドット、小さなドット、大きなドット、小さな四角、大きな四角、小さなひし形、大きなひし形、十字の中から選択します。


まとめ


「CandleMidPoint」について解説してきましたが、ポイントをまとめると以下のようになります。


  1. ローソク足の中間に記号を表示する。

  2. 高値と安値の中間、始値と終値の中間を切り替えられる。


「CandleMidPoint」は、ローソク足の中央値を確認したい方におすすめのインジケーターです。


このインジケーターのみで取引の判断を下すことは難しいため、ほかのインジケーターの補助として使用した方が良いでしょう。

関連記事