FXで何やっても勝てなくて、やったコト

レンジをブレイクしたローソク足に色を着けて表示するMT5インジケータ-「Hans_Indicator_x22_Cloud_System」

更新日時:2021年01月06日 19:59

Hans_Indicator_x22_Cloud_Systemスクリーンショット


ブレイクアウトでエントリーできそうな水準を分析できるインジケーターがあればと考えたことはないでしょうか。


「Hans_Indicator_x22_Cloud_System」は、短期的なレンジを推測するためのインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. ブレイクアウト系の手法を使用している方

  2. デイトレやスキャルピングがメインの方


この記事では、「Hans_Indicator_x22_Cloud_System」について詳しく解説します。


  1. Hans_Indicator_x22_Cloud_Systemの概要
  2. Hans_Indicator_x22_Cloud_Systemを表示する方法
  3. Hans_Indicator_x22_Cloud_Systemのパラメーター解説
  4. まとめ

Hans_Indicator_x22_Cloud_Systemの概要


「Hans_Indicator_x22_Cloud_System」を起動すると、インジケーターによって推測されたレンジが表示されます。


Hans_Indicatorは、指定した時間から4時間の値動きをもとに、その後の16時間のレンジを推測するインジケーターで、「Hans_Indicator_x22_Cloud_System」はHans_Indicatorの機能を拡張したものです。


「Hans_Indicator_x22_Cloud_System」では、推測したレンジの外側に追加のラインが表示されます。


レンジ上方は緑のライン、レンジ下方は赤と紫のラインで表示され、レンジの中間を示すグレーのラインから上の領域は薄い緑で塗りつぶされ、グレーのラインから下の領域は薄いピンクで表示されます。


レンジをローソク足がブレイクした場合、ローソク足には色がつけられ、上方にブレイクした陽線のローソク足は水色、陰線は青で表示され、レンジを下にブレイクした場合、陰線はピンク、陽線は小豆色で表示されます。


レンジがブレイクされ色つきのローソク足が表示された場合、トレンド相場が始まった可能性を示していますが、動意の薄い相場では単なるノイズである可能性もあるため注意が必要です。


Hans_Indicator_x22_Cloud_Systemを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

Hans_Indicator_x22_Cloud_Systemのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


Hans_Indicator_x22_Cloud_System


MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT5でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


Hans_Indicator_x22_Cloud_Systemのパラメーター解説


Hans_Indicator_x22_Cloud_Systemパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


入力項目 入力内容

час начала отсчёта исходного коридора

始点


初期値:0


始点となる時間を設定します。

сдвиг коридора влево в барах

終点


初期値:4


終点となる時間を設定します。

шаг расширения границ каждого сформированного коридора в пунктах

レンジの幅


初期値:50


レンジを拡張する間隔をpips単位で指定します。

Сдвиг индикатора по горизонтали в барах

シフト


初期値:0


インジケーターをオフセットを設定します。


「час начала отсчёта исходного коридора」は値動きの測定を開始する始点を設定するための項目です。


0に設定した場合はチャート上の0:00が始点になります。


「шаг расширения границ каждого сформированного коридора в пунктах」はレンジの幅を設定するための項目で、大きな値に設定するほどレンジが広がります。


「Сдвиг индикатора по горизонтали в барах」はインジケーターの位置を設定するための項目で、値に応じて左右に移動します。


まとめ


「Hans_Indicator_x22_Cloud_System」の特徴をまとめると次のようになります。


  1. 指定した時間帯の動きをもとに、その後のレンジを推測するインジケーター。

  2. 価格がレンジを上にブレイクした場合はローソク足が水色で表示される。

  3. 価格がレンジを下にブレイクした場合はローソク足がピンクで表示される。


「Hans_Indicator_x22_Cloud_System」は、ブレイクアウト系の手法を使用している方に向いているインジケーターです。


日足以下の短期的なブレイクアウトを狙って取引している方であれば、活用できる場面があるのではないでしょうか。

関連記事