FXで何やっても勝てなくて、やったコト

指定した時間帯の値幅からその後のレンジを推測するMT5インジケータ-「Hans_Indicator_x22_Cloud」

更新日時:2021年02月06日 22:57

Hans_Indicator_x22_Cloudスクリーンショット


ブレイクアウトが発生しそうな水準を、分析する方法があればと考えたことはないでしょうか。


「Hans_Indicator_x22_Cloud」は、上記の機能を備えたインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. レンジのブレイクを狙って取引している方

  2. スキャルピングやデイトレードを行っている方


上記のような方のためにこの記事では、「Hans_Indicator_x22_Cloud」について解説します。


  1. Hans_Indicator_x22_Cloudの概要
  2. Hans_Indicator_x22_Cloudを表示する方法
  3. Hans_Indicator_x22_Cloudのパラメーター解説
  4. まとめ

Hans_Indicator_x22_Cloudの概要


「Hans_Indicator_x22_Cloud」を起動すると、チャート上に水平なラインが表示されます。


Hans_Indicatorは指定した時間帯の値動きをもとに、その後のレンジを推測するためのインジケーターで、「Hans_Indicator_x22_Cloud」はさらにそのレンジの外側に複数のラインを表示します。


レンジの外側は上下それぞれ11段階に拡張され、レンジ上方のラインは濃いグリーンと薄いグリーンのライン、中間ラインから上半分は薄いグリーンで塗りつぶされます。


一方、レンジ下方は赤いラインと紫のラインで表示され、中間ラインから下は薄いピンクで塗りつぶして表示。


初期設定ではアジア市場の寄り付きが始点に設定され、欧州タイム以降はこのレンジをブレイクするケースが多いようですので、アジアンタイム中のレンジ予測と考えた方が良いかもしれません。


Hans_Indicator_x22_Cloudを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

Hans_Indicator_x22_Cloudのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


Hans_Indicator_x22_Cloud


MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT5でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


Hans_Indicator_x22_Cloudのパラメーター解説


Hans_Indicator_x22_Cloudパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


入力項目 入力内容

час начала отсчёта исходного коридора

始点


初期値:0


始点になる時間を指定します。

сдвиг коридора влево в барах

検出時間のシフト


初期値:4


値幅の予測に用いる時間帯を左にシフトします。

шаг расширения границ каждого сформированного коридора в пунктах

ラインの間隔


初期値:50


レンジの外側に表示するラインの間隔を設定します。

Сдвиг индикатора по горизонтали в барах

水平方向へのシフト


初期値:0


レンジの表示位置が左右に移動します。


「час начала отсчёта исходного коридора」は、レンジの検出を開始する時間を設定するための項目で、1時間単位で設定します。


「шаг расширения границ каждого сформированного коридора в пунктах」は、レンジを表示するラインの間隔を設定するための項目です。


大きな値に設定するほど拡張されたレンジの幅が広くなります。


まとめ


「Hans_Indicator_x22_Cloud」の特長は次のとおりです。


  1. 4時間の値動きをもとに予測レンジを表示する。

  2. レンジの外側は上下それぞれ11本のラインが表示される。


「Hans_Indicator_x22_Cloud」は、レンジのブレイクを狙って取引している方に適したインジケーターです。


日足以上の時間足のチャートでは使用できませんので留意しておきましょう。

関連記事