FXで何やっても勝てなくて、やったコト

フィボナッチをもとにR1~S3を算出するピボットを表示するMT5インジケータ-「Pivot_Fibs_Custom_Arr」

更新日時:2021年02月13日 18:56

Pivot_Fibs_Custom_Arrスクリーンショット


価格が反転する水準を分析する方法があればと考えたことはないでしょうか。


「Pivot_Fibs_Custom_Arr」は、サポートラインやレジスタンスラインを自動的に表示するインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. 価格が反転する可能性のある水準を分析したい方

  2. ピボットを使用したことがある方


この記事では「Pivot_Fibs_Custom_Arr」について詳しく解説します。


  1. Pivot_Fibs_Custom_Arrの概要
  2. Pivot_Fibs_Custom_Arrを表示する方法
  3. Pivot_Fibs_Custom_Arrのパラメーター解説
  4. まとめ

Pivot_Fibs_Custom_Arrの概要


相場が反転する可能性のある水準を推測する方法には、直近の高値や安値をサポートライン/レジスタンスラインとするシンプルな方法のほか、フィボナッチリトレースメントを用いる手法など、さまざまな方法が考案されています。


「Pivot_Fibs_Custom_Arr」は、ピボットをベースにしたインジケーターです。


「Pivot_Fibs_Custom_Arr」は、基準となるピボットポイントの算出方法は通常のピボットと同じように高値・安値・終値から算出しますが、R1~S3の算出にはフィボナッチリトレースメントのように指定された比率を用いて算出します。


基本的にはベースとなっているPivot_Fibs_Customというインジケーターとほとんど同じ作りになっていますが、各水準の表示方法が異なっており、ピボットポイントは小豆色の四角形で表示され、その他の水準は、一直線に並べられたドットで表示されます。


インジケーターの見方は通常のピボットと同じで、それぞれのラインが価格が反転する可能性のある水準を示しており、価格がピボットポイントより高い水準で推移している場合は、買いが優勢な状態です。


反対に、ピボットポイントより低い水準で価格が推移している場合は、売りが優勢であることを示しています。


Pivot_Fibs_Custom_Arrを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

Pivot_Fibs_Custom_Arrのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


Pivot_Fibs_Custom_Arr


MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT5でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


Pivot_Fibs_Custom_Arrのパラメーター解説


Pivot_Fibs_Custom_Arrパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


入力項目 入力内容

Период графика

チャートの時間枠


初期値:12hours


ピボットを算出する時間枠を設定します。

FiboRatio1

フィボナッチ比率1の値


初期値:0.99


R1・S1を表示する水準を設定します。

FiboRatio2

フィボナッチ比2率の値


初期値:0.382


R2・S2を表示する水準を設定します。

FiboRatio3

フィボナッチ比3率の値


初期値:0.618


R3・S3を表示する水準を設定します。

сдвиг индикатора по горизонтали в барах

水平方向へのシフト


初期値:0


ピボットの表示位置が左右に移動します。


「Период графика」はピボットを算出する時間枠を設定するための項目です。


1Hourに設定すると、チャートの時間枠に関わらず、1時間足チャートで算出したピボットを表示します。


「FiboRatio1」から「FiboRatio3」は、サポートライン・レジスタンスラインの水準の比率を設定するための項目です。


大きな値に設定するほど、ピボットから離れた位置にラインが表示されます。


まとめ


「Pivot_Fibs_Custom_Arr」の特徴をまとめると以下のようになります。


  1. ピボットをベースにしたインジケーター。

  2. サポートライン・レジスタンスラインの水準は設定した比率によって決まる。

  3. マルチタイムフレームに対応している。


「Pivot_Fibs_Custom_Arr」は、価格が反転する可能性のある水準を分析したい方に適したインジケーターです。


通常のピボットとは異なるため、実際のトレードでどの程度使用できるのか、バックテストを実施した方が良いでしょう。

関連記事