FXで何やっても勝てなくて、やったコト

SAR・MFI・TEMAのシグナルを時間枠ごとに表示するMT5インジケータ-「SignalTable_Sar_MFI_TEMA」

更新日時:2021年02月06日 22:50

SignalTable_Sar_MFI_TEMAスクリーンショット


時間枠別のトレンドの方向を、まとめて確認できないだろうかと考えたことはないでしょうか。


「SignalTable_Sar_MFI_TEMA」は、上記の機能を備えたインジケータので、次のような方に向いています。


  1. 複数の時間枠のトレンドをまとめて確認したい方

  2. SAR、MFI、移動平均線を使用している方


この記事では、「SignalTable_Sar_MFI_TEMA」について詳しく解説します。


  1. SignalTable_Sar_MFI_TEMAの概要
  2. SignalTable_Sar_MFI_TEMAを表示する方法
  3. SignalTable_Sar_MFI_TEMAのパラメーター解説
  4. まとめ

SignalTable_Sar_MFI_TEMAの概要


インジケーターにはそれぞれ苦手とする場面があり、そういった場面では間違ったシグナルを発してしまうことから、インジケーターの持っている欠点を補うために、複数のインジケーターを組み合わせて分析を行う場合があります。


「SignalTable_Sar_MFI_TEMA」は、一つのインジケーターでSAR、MFI、移動平均線が発するシグナルをまとめて表示できるインジケーターです。


「SignalTable_Sar_MFI_TEMA」では、各指標がそれぞれの時間枠で発しているシグナルを色つきの矢印で表示するインジケーターです。


しかし、インジケーターの不具合か筆者の環境によるものなのかは不明ですが、色つきの四角が表示されました。


シグナルを表示する時間枠は9つまで設定でき、初期設定では1分、5分、15分、30分、1時間、4時間、1日、1週間、1ヶ月に設定されています。


このインジケーターの移動平均線には三重指数移動平均(TEMA)が用いられており、算出期間の短いTEMAと算出期間の長いTEMAのゴールデンクロス/デッドクロスによってシグナルを発します。


SignalTable_Sar_MFI_TEMAを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

SignalTable_Sar_MFI_TEMAのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


SignalTable_Sar_MFI_TEMA


MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT5でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


SignalTable_Sar_MFI_TEMAのパラメーター解説


SignalTable_Sar_MFI_TEMAパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


入力項目 入力内容

финансовый актив

通貨ペア


初期値:空白

Период графика1

時間枠1


初期値:PERIOD_M1


シグナルを表示する時間枠を設定します。

Период графика2

時間枠2


初期値:PERIOD_M5


シグナルを表示する時間枠を設定します。

Период графика3

時間枠3


初期値:PERIOD_M15


シグナルを表示する時間枠を設定します。

Период графика4

時間枠4


初期値:PERIOD_M30


シグナルを表示する時間枠を設定します。

Период графика5

時間枠5


初期値:PERIOD_H1


シグナルを表示する時間枠を設定します。

Период графика6

時間枠6


初期値:PERIOD_H1


シグナルを表示する時間枠を設定します。

Период графика7

時間枠7


初期値:PERIOD_D1


シグナルを表示する時間枠を設定します。

Период графика8

時間枠8


初期値:PERIOD_W1


シグナルを表示する時間枠を設定します。

Период графика9

時間枠9


初期値:PERIOD_MN1


シグナルを表示する時間枠を設定します。

Шаг iSAR

SARの加速因子


初期値:0.02


SARを増加させる間隔を設定します。

Максимум iSAR

加速因子の最高値


初期値:0.2


加速因子の上限を設定します。

Номер бара для получения сигнала iSAR

SARのシグナル期間


初期値:0


SARのシグナルを発するために必要なバーの数を設定します。

быстрый TEMA

短期TEMA


初期値:13


短期移動平均の算出期間を設定します。

медленый TEMA

長期TEMA


初期値:24


長期移動平均の算出期間を設定します。

MAPrice

適用価格


初期値:PRICE_CLOSE


移動平均の算出に用いる価格を設定します。

Номер бара для получения сигнала Мувингов

移動平均のシグナル期間


初期値:0


移動平均線のシグナルを発するために必要なバーの数を設定します。

объём iMFI

iMFIのボリューム


初期値:VOLUME_TICK


ボリュームの種類を設定します。

уровень перезакупа iMFI

iMFIの買われ過ぎ水準


初期値:60


買われ過ぎ水準を設定します。

уровень перепроданности iMFI

iMFIの売られ過ぎ水準


初期値:40


売られ過ぎ水準を設定します。

инвертирование сигналов iMFI

iMFIの反転


初期値:true


falseに設定すると反転が無効になります。

Номер бара для получения сигнала MFI

iMFIのシグナル期間


初期値:0


iMFIのシグナルを発するために必要なバーの数を設定します。

цвет текста

テキストの色


初期値:BlueViolet


テキストの表示色の設定します。

цвет растущего тренда

上昇トレンドの色


初期値:DarkTurquoise


上昇トレンドを示すマーカーの色を設定します。

цвет отсутствия тренда

持合い相場の色


初期値:SlateBlue


持ち合い相場で表示するマーカーの色を設定します。

цвет падающего тренда

下降トレンドの色


初期値:Tomato


下降トレンドを示すマーカーの色を設定します。

размер шрифта

フォントのサイズ


初期値:13


テキストの大きさを設定します。

тип шрифта

フォントのタイプ


初期値:Font14


フォントの種類を設定します。

угол расположения

コーナー


初期値:CORNER_LEFT_LOWER


インジケーターの表示位置を設定します。

расположение по вертикали

縦位置


初期値:20


インジケーターの表示位置が上下に移動します。

расположение по горизонтали

横位置


初期値:5


インジケーターの表示位置が左右に移動します。

LableSirname

インジケーターの表記名


初期値:SignalTable_Sar_MFI_TEMA 1


インジケーターのラベルを設定します。


「Период графика1」から「Период графика 9」までの項目は、シグナルを表示する時間枠を設定するための項目です。


必要な場合は時間枠を指定しましょう。


「угол расположения」は、インジケーターの表示位置を設定するための項目で、デフォルトの状態では左下が選択されています。


左上や右上、右下に設定することもできるので、見やすい位置に設定すると良いでしょう。


まとめ


「SignalTable_Sar_MFI_TEMA」について解説してきましたが、特徴は以下の通りです。


  1. SAR、MFI、移動平均線が発するシグナルを時間枠別に一覧で表示する。

  2. 移動平均線のシグナルはTEMAの交差をもとにしている。


「SignalTable_Sar_MFI_TEMA」は、時間枠別のトレンドをまとめて確認したい方に適したインジケーターです。


使用されているインジケーターを変更することはできないため、万人向けのインジケーターとは言えませんが、SAR、MFI、移動平均線を使用しているトレーダーにとっては、マルチタイムフレーム分析もできる便利なインジケーターなのではないでしょうか。

関連記事