FXで何やっても勝てなくて、やったコト

ボラティリティを基に相場が転換する可能性を分析するMT5インジケータ-「Volatility_Ratio」

更新日時:2021年02月20日 19:25

Volatility_Ratioスクリーンショット


ボラティリティを考慮して、相場の転換を分析するインジケーターがあればと考えたことはないでしょうか。


「Volatility_Ratio」は、以下のような方に向いています。


  1. ボラティリティを購入して取引している方

  2. トレンドの転換を分析したい方


以上のような方のためにこの記事では、「Volatility_Ratio」について解説します。


  1. Volatility_Ratioの概要
  2. Volatility_Ratioを表示する方法
  3. Volatility_Ratioのパラメーター解説
  4. まとめ

Volatility_Ratioの概要


トレンドの転換を捉えることができれば、大きな利益を上げることができるため、様々な手法が考案されています。


「Volatility_Ratio」は、相場のボラティリティを基に値動きの転換を分析するためのインジケーターです。


「Volatility_Ratio」は、以下の方法によって算出されます。


hl= 高値-安値


hc=高値と前の終値の差の絶対値


lc=安値と前の終値の差の絶対値


pr=算出期間内の最高値か始値の内、高い方の値から最安値か始値の内、より低い方の値で引いた差


tr=hl、hc、lcの内最も値が大きいもの


Volatility_Ratio=tr/pr


「Volatility_Ratio」は、青いラインとしてサブウィンドウ上に表示されます。


「Volatility_Ratio」の値は、0.01~1の範囲で表示され、0.5以上で推移している場合は、トレンドが反転する可能性が高まっている状態です。


トレンド・レンジを問わず、ダマしのシグナルが多く、インジケーターの算出期間を長く調整することでいくらか減らすことはできますが、どの程度の値が適正値なのかは、トレーダー自身で見つける必要があります。


Volatility_Ratioを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

Volatility_Ratioのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


Volatility_Ratio


MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT5でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


Volatility_Ratioのパラメーター解説


Volatility_Ratioパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


「Volatility_Ratio」のパラメーターは、インジケーター算出期間を設定する項目のみのシンプルな構成になっています。


入力項目 入力内容

period

算出期間


初期値:14


Volatility_Ratioの算出期間を設定します。


「period」は、Volatility_Ratioの算出期間を設定するための項目です。


短い期間に設定すると短期的なボラティリティが反映され、長い期間に設定すると長期的なボラティリティが反映されます。


まとめ


「Volatility_Ratio」について解説してきましたが、ポイントをまとめると以下のようになります。


  1. 相場のボラティリティをもとにトレンドの転換を分析するインジケーター。

  2. 0.5以上で推移している場合は、トレンドが反転する可能性が高まっている状態。

  3. ダマしのシグナルが多い。


「Volatility_Ratio」は、ボラティリティをもとにトレンドの転換を分析したい方に向いているインジケーターです。


このインジケーターのみでトレンドの転換を判断するのはリスクが大きいため、他のインジケーターと組み合わせた上で判断した方が良さそうです。

関連記事