FXで何やっても勝てなくて、やったコト

ボラティリティをヒストグラムで表示するMT5インジケーター「Volatility2Step」

更新日時:2021年05月19日 22:04

Volatility2Stepスクリーンショット


ボラティリティの変化を分析できるインジケーターがあればと考えたことないでしょうか。


「Volatility2Step」は、ボラティリティをヒストグラムで表示するインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. ボラティリティの変化を分析したい方

  2. ボラティリティが高くなる時間帯を探している方


この記事では「Volatility2Step」について詳しく解説します。


  1. Volatility2Stepの概要
  2. Volatility2Stepを表示する方法
  3. Volatility2Stepのパラメーター解説
  4. まとめ

Volatility2Stepの概要


ボラティリティとは、FXや株式市場等における一定期間内の値動きの変動率を意味し、ボラティリティが高いということはそれだけ大きく価格が動いているということになります。


ボラティリティの変化は、一日の中での変化や週単位・月単位の時期的な変化など、あらゆる時間枠で見られ、一定期間内でどの程度の値動きが見込まれるのかを予測する指標になります。


「Volatility2Step」は、指定した期間内の最高値の平均と最安値の平均をもとにボラティリティを算出するインジケーターです。


また、算出した結果をそのまま表示するのではなく、指定したレベルに合わせてポイント単位で表示されます。


このインジケーターは、エントリーのタイミングをはかる等、トレードに直接関わる判断を下すのには不向きです。


しかし、1時間足などの短い時間足のチャートで使用すると、自身が取引している通貨ペアが活発に動く時間帯を調べられるので、取引すべき時間帯を判断する際などに活用できるでしょう。


Volatility2Stepを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

Volatility2Stepのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


Volatility2Step


MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT5でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


Volatility2Stepのパラメーター解説


Volatility2Stepパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


入力項目 入力内容

метод усреднения

移動平均の種類


初期値:MODE_SMA


移動平均の算出方法を設定します。

период индикатора

計算期間


初期値:5


ボラティリティを算出する期間を設定します。

период индикатора

インジケーターのシフト


初期値:0


Volatility2Stepのオフセットを設定します。

количество уровеней

レベルの数


初期値:20


インジケーターに表示するレベルの数を設定します。

стартовый уровень

初期レベル


初期値:100


基準となるレベルを設定します。

расстояние между уровнями

レベル間の距離


初期値:100


レベル同士の間隔を設定します。

цвет уровеней

レベルの色


初期値:clrDarkOrange


レベルラインの表示色を設定します。


「метод усреднения」は、「Volatility2Step」の算出に用いる移動平均の種類を設定するための項目です。


デフォルトでは単純移動平均に設定されていますが、指数平滑移動平均や平滑化移動平均、加重移動平均に変更することもできます。


「расстояние между уровнями」は、レベルラインの価格を設定するための項目です。


ここで設定した間隔でレベルが設定されます。


まとめ


「Volatility2Step」の特徴をまとめると以下のようになります。


  1. 一定期間内の最高値の平均と最安値の平均をもとにボラティリティを算出する。

  2. ボラティリティを指定したレベルに合わせてヒストグラムで表示する。


「Volatility2Step」は、ボラティリティの変化を分析したい方に向いているインジケーターです。


また、自身に合った通貨ペアを選定する上でも、ボラティリティは重要な要素のひとつです。


新たに取引する通貨ペアを選択する際にも、役立つインジケーターと言えるでしょう。

関連記事