FXで何やっても勝てなくて、やったコト

平滑化方法を選択できるATRを表示するMT5インジケータ-「Wilder_ATR」

更新日時:2021年03月06日 17:17

Wilder_ATRスクリーンショット


ボラティリティにもとづいて、トレンドの有無を分析できるインジケーターがあればと考えたことはないでしょうか。


「Wilder_ATR」は次のような方に向いています。


  1. トレンドの有無を分析したい方

  2. ボラティリティを分析したい方


以上のような方のためにこの記事では、「Wilder_ATR」について解説します。


  1. Wilder_ATRの概要
  2. Wilder_ATRを表示する方法
  3. Wilder_ATRのパラメーター解説
  4. まとめ

Wilder_ATRの概要


取引する通貨ペアを選択する時に、考慮しなければならない要素のひとつにボラティリティーがあります。


ボラティリティーを測定するインジケーターと言えば、ボリンジャーバンドやATRが有名です。


ATRはJ. Welles Wilderによって開発されたインジケーターで、「Wilder_ATR」はこのATRを表示するインジケーターです。


ATRは以下の方法によって算出されます。


HL=高値-安値


HC=高値-前の終値 の絶対値


LC=安値-前の終値 の絶対値


HL,LC,HCの内、値が最も大きいものをその日のTRとする。


ATR=TRの移動平均


インジケーターが上昇している場合、ボラティリティーが増加していることを示し、相場にトレンドが存在している可能性を示唆しています。


反対にインジケーターの値が下降している場合、ボラティリティーが減少していることを意味し、トレンドが存在しないかトレンドの勢いが弱まっている状態です。


ATR自体はMT5に標準でインストールされており、ナビゲーターウィンドウのインジケーター→Examplesから読み込むことができますが、標準のATRは移動平均の算出方法を選択できません。


そのため、「Wilder_ATR」の方が自由度の高いインジケーターと言えるでしょう。


Wilder_ATRを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

Wilder_ATRのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


Wilder_ATR


MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT5でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


Wilder_ATRのパラメーター解説


Wilder_ATRパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


「Wilder_ATR」のパラメーターは、算出期間を設定するための項目と、移動平均の算出方法を設定するための項目で構成されています。


入力項目 入力内容

Period

算出期間


初期値:14


ATRの算出期間を設定します。

Method

移動平均の算出方法


初期値:SMA


TRの移動平均の種類を設定します。


「Period」はATRの算出期間を設定するための項目で、期間に応じたボラティリティが「Wilder_ATR」に反映されます。


「Method」はTRの移動平均の算出方法を設定するための項目です。


単純移動平均のほか、指数平滑移動平均、平滑化移動平均、線形加重移動平均なども選択できます。


まとめ


「Wilder_ATR」について解説してきましたが、ポイントをまとめると以下のようになります。


  1. ボラティリティを表示するインジケーター。

  2. インジケーターの値が上昇している場合、ボラティリティも上昇している。

  3. インジケーターの値が下降している場合、ボラティリティも下降している。


「Wilder_ATR」は、ボラティリティにもとづいて、トレンドの有無を分析したい方に向いているインジケーターです。


「Wilder_ATR」は通常のATR同様に、エントリーのタイミングを示すものではないため、ほかのインジケーターと組み合わせて使用する必要があります。

関連記事