FXで何やっても勝てなくて、やったコト

直近のバーから数えて何本目のバーなのかをデータウィンドウに表示するMT5インジケーター「draw_none」

更新日時:2019年11月28日 02:11

draw_noneスクリーンショット


「draw_none」は、バーのインデックス数をデータウィンドウ上に表示するインジケーターです。


「draw_none」は次のような方におすすめです。


  1. 特定のバーがどの程度古いのか調べたい方

  2. MQLを学習中の方


この記事では上記のような方のために、「draw_none」について解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。


  1. draw_noneの概要
  2. draw_noneを表示する方法
  3. draw_noneのパラメーター解説
  4. まとめ

draw_noneの概要


MT5のデータウィンドウに表示される項目は、通常はDate、Time、Open、High、Low、Close、Volume、Tick Volume、Spreadの9項目のみですが、「draw_none」を起動すると、データウィンドウに「Bar Index」という項目を追加することができます。


「Bar Index」は、カーソルを合わせているローソク足が、直近のバーから数えて何本目のバーなのかを表している項目で、直近のバーを0としてカウントし、古いバーほど数が大きくなります。


データウィンドウが表示されていない場合は、「表示」→「データウィンドウ」から表示することができます。


「draw_none」は、取引のために開発されたインジケーターというよりも、インジケーターのスタイルの例を解説するために開発されたインジケーターで、DRAW NONEというインジケータースタイルを解説するためのものです。


MQLというMT用のプログラム言語を使用して、インジケーターやエキスパートアドバイザーを誰でも自作することができますが、このインジケーターはMQLを学びたい方にとっては、意義のあるインジケーターかと思います。


直接トレードに関わるような使い方は難しいですが、特定のバーがどの程度古いのかを確認するなどの用途に使用できるのではないでしょうか。


draw_noneを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

draw_noneのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


draw_none


MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT5でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


draw_noneのパラメーター解説


draw_noneパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


「draw_none」にトレーダーが変更可能なパラメーター項目はありません。


入力項目 入力内容

なし

変更可能なパラメーター項目はありません。


インジケーターのプロパティから「カラー」を選択できるようになっていますが、ここで色を指定しても、インジケーターには反映されません。


「draw_none」はパラメーターだけではなく、表示方法に関しても調整することはできませんので留意しておきましょう。


まとめ


「draw_none」について解説してきましたが、ポイントをまとめると以下のようになります。


  1. データウィンドウ上に「Bar Index」という項目を表示する。

  2. トレード用のインジケーターではなく、MQL学習者に向けて指標スタイルDRAW NONEについて、解説するためのインジケーター。

  3. 変更可能なパラメーター項目は一切ない。


「draw_none」は、MQLを学習中の方のためもので、取引に使用できるインジケーターではありません。


場合によっては活用できることもあるかもしれませんので、こういったインジケーターがあるということを、頭の片隅に置いておくとよいでしょう。

レバレッジ888倍!
業界No1のボーナス制度!

最大レバレッジ888倍!口座開設時3000円、最大総額5000ドル(約70万円相当)の手厚いボーナスに加え、万一の急変もゼロカットシステムで追証無しの万全の安心感!


リクォート・注文拒否ナシ!全注文の99.35%が1秒以内に執行、高い約定力に定評あり!ほぼ全通貨に対しスプレッドがゼロの『XMZero口座』も登場!

口座開設はコチラ

MT4スプレッド
世界最狭水準

OANDA JAPANは、MT4ブローカーの中でも世界最狭水準のスプレッドと高い約定力が大きな魅力です。日本の証券会社でMT4を使いたいならイチオシの証券会社です。


10万通貨以上の取引+20万円以上の入金で、世界中のトレーダーのポジションが分かるMT4専用インジケーター『オープンオーダーインジケーター』がもらえます!

口座開設はコチラ

関連記事