FXで何やっても勝てなくて、やったコト

タイムゾーンに合わせて1日の始まりの時刻を調整できるピボットを表示するMT5インジケーター「dailypivotshift_full」

更新日時:2021年12月16日 13:11

dailypivotshift_fullスクリーンショット


日本のタイムゾーンに合わせて算出したピボットを試してみたいと考えたことはないでしょうか。


「dailypivotshift_full」は、シフト機能を備えたピボットで次のような方に向いています。


  1. 日本時間の0:00を基準にピボットを算出したい方

  2. ピボットをよく使用する方


この記事では、「dailypivotshift_full」について詳しく解説します。


  1. dailypivotshift_fullの概要
  2. dailypivotshift_fullを表示する方法
  3. dailypivotshift_fullのパラメーター解説
  4. まとめ

dailypivotshift_fullの概要


「dailypivotshift_full」を起動すると、チャート上にピボットが表示されます。


「dailypivotshift_full」では、レジスタンスラインが緑色、サポートラインが赤色で表示されます。


ピボット系のインジケーターの多くは、レートを取得しているサーバーのタイムゾーンを基準に算出されます。


「dailypivotshift_full」では、1日の始まりの時刻を1時間ごとに調整できるため、任意のタイムゾーンに合わせてピボットを算出できます。


dailypivotshift_fullを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

dailypivotshift_fullのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


dailypivotshift_full


MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT5でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


dailypivotshift_fullのパラメーター解説


dailypivotshift_fullパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


入力項目 入力内容

ShiftTime_

シフト


初期値:1


ピボットのシフトを設定します。

ExtFormula

算出方法


初期値:Number_0


ピボットの算出方法を設定します。

R30 level label

R30レベルのマーカー


初期値:119


R30レベルに表示するマーカーの種類を設定します。

R25 level label

R25レベルのマーカー


初期値:158


R25レベルに表示するマーカーの種類を設定します。

R20 level label

R20レベルのマーカー


初期値:167


R20レベルに表示するマーカーの種類を設定します。

R15 level label

R15レベルのマーカー


初期値:158


R15レベルに表示するマーカーの種類を設定します。

R10 level label

R10レベルのマーカー


初期値:108


R10レベルに表示するマーカーの種類を設定します。

R05 level label

R05レベルのマーカー


初期値:158


R05レベルに表示するマーカーの種類を設定します。

P level label

ピボットレベルのマーカー


初期値:167


ピボットレベルに表示するマーカーの種類を設定します。

S05 level label

S05レベルのマーカー


初期値:158


S05レベルに表示するマーカーの種類を設定します。

S10 level label

S10レベルのマーカー


初期値:108


S10レベルに表示するマーカーの種類を設定します。

S15 level label

S15レベルのマーカー


初期値:158


S15レベルに表示するマーカーの種類を設定します。

S20 level label

S20レベルのマーカー


初期値:167


S20レベルに表示するマーカーの種類を設定します。

S25 level label

S25レベルのマーカー


初期値:158


S25レベルに表示するマーカーの種類を設定します。

S30 level label

S30レベルのマーカー


初期値:119


S30レベルに表示するマーカーの種類を設定します。


「ShiftTime_」は、ピボットのシフトを設定するための項目です。


1日の始まりの時刻を1時間単位で調整します。


「ExtFormula」は、ピボットの算出方法を設定するための項目です。


「ExtFormula」は、0~3のいづれかを指定します。


まとめ


「dailypivotshift_full」の特徴は以下の通りです。


  1. ピボットに適用するタイムゾーンを調整できる

  2. 使い方は通常のピボットと同じ


「dailypivotshift_full」は、日本のタイムゾーンに合わせてピボットを算出したい方に向いているインジケーターです。


日本時間で算出したピボットを使用したい方は、1度試してみるとよいでしょう。

関連記事