FXで何やっても勝てなくて、やったコト

逆張りでエントリーする水準を表示するMT5インジケーター「camarilla_equation」

更新日時:2021年12月01日 16:11

camarilla_equationスクリーンショット


逆張りでエントリーできる水準を、分析できるインジケーターがあればと考えたことはないでしょうか。


「camarilla_equation」は、カマリラピボットをベースにしたインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. ピボットを使用したことがある方

  2. 逆張りやブレイクアウト系の手法を使用している方


この記事では「camarilla_equation」について詳しく解説します。


  1. camarilla_equationの概要
  2. camarilla_equationを表示する方法
  3. camarilla_equationのパラメーター解説
  4. まとめ

camarilla_equationの概要


「camarilla_equation」を起動すると、チャート上に水平なラインが表示されます。


H1~H5がレジスタスラインで、緑色で表示されます。


赤色で表示されているL1~L5のレベルがサポートラインです。


H4をブレイクした後に価格が再び下降した場合は売りシグナルです。


同様に、L4でダマしのブレイクが発生した場合は買いシグナルです。


camarilla_equationを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

camarilla_equationのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


camarilla_equation


MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT5でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


camarilla_equationのパラメーター解説


camarilla_equationパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


入力項目 入力内容

CPeriod

時間枠


初期値:PERIOD_D1


インジケーターを算出する時間枠を設定します。

H5 level color

H5レベルの表示色


初期値:Green


H5レベルの表示色を指定します。

H4 level color

H4レベルの表示色


初期値:Lime


H4レベルの表示色を指定します。

H3 level color

H3レベルの表示色


初期値:Lime


H3レベルの表示色を指定します。

H2 level color

H2レベルの表示色


初期値:Green


H2レベルの表示色を指定します。

H1 level color

H1レベルの表示色


初期値:DarkSlateGray


H1レベルの表示色を指定します。

L1 level color

L1レベルの表示色


初期値:Purple


L1レベルの表示色を指定します。

L2 level color

L2レベルの表示色


初期値:Crimson


L2レベルの表示色を指定します。

L3 level color

L3レベルの表示色


初期値:Red


L3レベルの表示色を指定します。

L4 level color

L4レベルの表示色


初期値:Crimson


L4レベルの表示色を指定します。

L5 level color

L5レベルの表示色


初期値:Red


L5レベルの表示色を指定します。

H5 level line style

H5レベルのスタイル


初期値:STYLE_DASHDOT


H5レベルラインのスタイルを設定します。

H4 level line style

H4レベルのスタイル


初期値:STYLE_DASHDOTDOT


H4レベルラインのスタイルを設定します。

H3 level line style

H3レベルのスタイル


初期値:STYLE_SOLID


H3レベルラインのスタイルを設定します。

H2 level line style

H2レベルのスタイル


初期値:STYLE_DASHDOTDOT


H2レベルラインのスタイルを設定します。

H1 level line style

H1レベルのスタイル


初期値:STYLE_DASHDOTDOT


H1レベルラインのスタイルを設定します。

L1 level line style

L1レベルのスタイル


初期値:STYLE_DASHDOTDOT


L1レベルラインのスタイルを設定します。

L2 level line style

L2レベルのスタイル


初期値:STYLE_DASHDOTDOT


L2レベルラインのスタイルを設定します。

L3 level line style

L3レベルのスタイル


初期値:STYLE_SOLID


L3レベルラインのスタイルを設定します。

L4 level line style

L4レベルのスタイル


初期値:STYLE_DASHDOTDOT


L4レベルラインのスタイルを設定します。

L5 level line style

L5レベルのスタイル


初期値:STYLE_DASHDOT


L5レベルラインのスタイルを設定します。

H5 level width

H5レベルの幅


初期値:1


H5レベルラインの幅を設定します。

H4 level width

H4レベルの幅


初期値:1


H4レベルラインの幅を設定します。

H3 level width

H3レベルの幅


初期値:2


H3レベルラインの幅を設定します。

H2 level width

H2レベルの幅


初期値:1


H2レベルラインの幅を設定します。

H1 level width

H1レベルの幅


初期値:1


H1レベルラインの幅を設定します。

L1 level width

L1レベルの幅


初期値:1


L1レベルラインの幅を設定します。

L2 level width

L2レベルの幅


初期値:1


L2レベルラインの幅を設定します。

L3 level width

L3レベルの幅


初期値:2


L3レベルラインの幅を設定します。

L4 level width

L4レベルの幅


初期値:1


L4レベルラインの幅を設定します。

L5 level width

L5レベルの幅


初期値:1


L5レベルラインの幅を設定します。


「CPeriod」は、インジケーターを算出する時間枠を設定するための項目です。


必要な場合は変更しましょう。


「level color」は、ラインの表示色を設定するための項目です。


ラインが見にくい場合は、別の色へ変更すると良いでしょう。


まとめ


「camarilla_equation」の特徴をまとめると以下のようになります。


  1. カマリラピボットをベースにしたインジケーター

  2. 各レベルの算出方法が通常のカマリラピボットと異なる


「camarilla_equation」は、逆張りで取引したい方に向いているインジケーターです。


通常のカマリラピボットとは算出が若干異なるので、実際の取引で使用する前にバックテストを実施して、パフォーマンスを確認した方が良いでしょう。

関連記事