FXで何やっても勝てなくて、やったコト

時間枠単位でカマリラピボットを表示するMT5インジケーター「camarilla_full」

更新日時:2021年12月01日 16:14

camarilla_fullスクリーンショット


短期取引におけるサポートやレジスタンス水準を分析する方法があればと考えたことはないでしょうか。


「camarilla_full」は、ピボットをベースにしたインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. 短期取引におけるサポートやレジスタンス水準を分析したい方

  2. ピボットを使用したことがある方


以上のような方のためにこの記事では、「camarilla_full」について解説します。


  1. camarilla_fullの概要
  2. camarilla_fullを表示する方法
  3. camarilla_fullのパラメーター解説
  4. まとめ

camarilla_fullの概要


「camarilla_full」は、カマリラピボットをベースにしたインジケーターです。


価格がH4やL4をブレイクした場合は、ブレイクした方向にエントリーするシグナルです。


H4やL4のブレイクに失敗した場合は、逆張りでエントリーします。


ただし、「camarilla_full」は通常のカマリラピボットとは算出方法が若干異なるため、どの程度うまく機能するのか確認した上で使用した方が良いでしょう。


camarilla_fullを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

camarilla_fullのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


camarilla_full


MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT5でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


camarilla_fullのパラメーター解説


camarilla_fullパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


入力項目 入力内容

CPeriod

時間枠


初期値:PERIOD_D1


インジケーターを算出する時間枠を設定します。

H5 level label

H5レベルのマーカー


初期値:119


H5レベルに表示するマーカーの種類を設定します。

H4 level label

H4レベルのマーカー


初期値:167


H4レベルに表示するマーカーの種類を設定します。

H3 level label

H3レベルのマーカー


初期値:108


H3レベルに表示するマーカーの種類を設定します。

H2 level label

H2レベルのマーカー


初期値:158


H2レベルに表示するマーカーの種類を設定します。

H1 level label

H1レベルのマーカー


初期値:158


H1レベルに表示するマーカーの種類を設定します。

L1 level label

L1レベルのマーカー


初期値:158


L1レベルに表示するマーカーの種類を設定します。

L2 level label

L2レベルのマーカー


初期値:158


L2レベルに表示するマーカーの種類を設定します。

L3 level label

L3レベルのマーカー


初期値:108


L3レベルに表示するマーカーの種類を設定します。

L4 level label

L4レベルのマーカー


初期値:167


L4レベルに表示するマーカーの種類を設定します。

L5 level label

L5レベルのマーカー


初期値:119


L5レベルに表示するマーカーの種類を設定します。


「CPeriod」は、「camarilla_full」に適用する時間枠を設定するための項目です。


ここで設定した時間枠でカマリラピボットを算出します。


「level label」は、各レベルに表示するマーカーを設定するための項目です。


初期設定のままで問題ありませんが必要な場合は変更するとよいでしょう。


まとめ


「camarilla_full」の特徴をまとめると以下のようになります。


  1. カマリラピボットをベースにしている

  2. 指定した時間枠のカマリラピボットを表示する


「camarilla_full」は、短期取引におけるサポートやレジスタンス水準を分析したい方に向いているインジケーターです。


時間枠単位で表示できるので、検証も実施しやすいかと思います。

関連記事