FXで何やっても勝てなくて、やったコト

ノイズの少ないRSIを表示するMT5インジケーター「RSI_of_alb_average」

更新日時:2021年06月03日 15:14

RSI_of_alb_averageスクリーンショット


インジケーターのダマしのシグナルに悩まされた経験はないでしょうか。


「RSI_of_alb_average」は、ダマしのシグナルを低減させたRSIを表示するインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. RSIのノイズに悩まされている方

  2. 値動きの変化が激しい相場で取引している方

  3. 値動きの反転をとらえたい方


上記のような方のためにこの記事では、「RSI_of_alb_average」について詳しく解説します。


  1. RSI_of_alb_averageの概要
  2. RSI_of_alb_averageを表示する方法
  3. RSI_of_alb_averageのパラメーター解説
  4. まとめ

RSI_of_alb_averageの概要


「RSI_of_alb_average」は、RSIを相場に合わせて平滑化するインジケーターです。


通常のRSIで発生するノイズをフィルタリングすることで、ダマしのシグナルを減少させている点が特徴です。


平滑化には移動平均が用いられており、相場の周期の長さや速度にもとづいて実行されます。


単純移動平均以外に、指数移動平均や平滑移動平均等を使用することも可能です。


使用方法は通常のRSIと同じで、価格の買われ過ぎ・売られ過ぎを判断する為に使用できますが、開発者はこのRSIのパラメーターの設定や買われ過ぎ・売られ過ぎを判断する水準については、十分に検証することを推奨しています。


RSI_of_alb_averageを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

RSI_of_alb_averageのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


RSI_of_alb_average


MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT5でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


RSI_of_alb_averageのパラメーター解説


RSI_of_alb_averageパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


「RSI_of_alb_average」のパラメーターは、RSIに関する項目と平滑化に関する項目で構成されています。


入力項目 入力内容

RSI period

RSIの期間


初期値:14


RSIの算出期間を設定します。

Average alb swing count

平滑化期間


初期値:5


RSIを平滑化する期間を設定します。

Average alb "speed"

平滑化の速さ


初期値:0.5


平滑化の程度を調整します。

Average method

平滑化方法


初期値:Simple moving average


平滑化に用いる移動平均の種類を設定します。

Price

適用価格


初期値:PRICE_CLOSE


RSI_of_alb_averageの算出に用いる価格の種類を設定します。


「RSI period」は、RSIの算出期間を設定するための項目です。


期間を長く設定すると長期的な値動きが反映されるため、インジケーターの変化が緩やかになります。


「Average alb "speed"」は、平滑化の程度を設定するための項目です。


小さな値に設定するほど、平滑化の効きが強くなります。


まとめ


「RSI_of_alb_average」について解説してきましたが、ポイントをまとめると以下のようになります。


  1. 平滑化したRSIを表示する。

  2. 相場の周期の長さや速度に合わせて平滑化が実行される。

  3. インジケーターの見方は、通常のRSIと同じ。


「RSI_of_alb_average」はRSIのノイズに悩まされている方に向いているインジケーターです。


RSIによるダマしのシグナルを減らしたい方は、一度試してみると良いでしょう。

関連記事