FXで何やっても勝てなくて、やったコト

RSIのパラメーター変更による精度の変化を確認できるMT5インジケータ-「ColorRSI_X20_Cloud」

更新日時:2019年01月21日 04:38

ColorRSI_X20_Cloudスクリーンショット


テクニカル分析で使用するインジケーターは、相場によって調整が必要なものや、分析したい周期や期間によって調整しなければならないものがありますが、パラメーターの変更によってインジケーターの表示がどう変わったのか比較したいと思ったことはありませんか?


この記事で紹介するColorRSI_X20_Cloudは、一定間隔で計算期間を増やしていったRSIを20本表示し、買われ過ぎ/売られ過ぎゾーンに色を着けて表示するインジケーターです。


ColorRSI_X20_Cloudを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

ColorRSI_X20_Cloudのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


ColorRSI_X20_Cloud

↓↓↓↓↓インジケーターの導入手順が分からない方は↓↓↓↓↓

MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT5にインジケーターをインストール(追加)する方法

これでColorRSI_X20_Cloudが表示されました。


ColorRSI_X20_Cloudのパラメーター解説


ColorRSI_X20_Cloudパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


стартовый период

RSIの計算を始める最初の期間

шаг периода

計算期間の間隔

цена

RSIを計算する価格

уровень максимальной перекупленности

買われ過ぎゾーンの上限

уровень перекупленности

買われ過ぎゾーンの下限

уровень середины

中間水準

уровень перепроданности

売られ過ぎゾーンの上限

уровень минимальной перепроданности

売られ過ぎゾーンの下限


通常のRSIでは買われ過ぎ/売られ過ぎをラインで表示しますが、このインジケーターでは、ラインではなく買われ過ぎの上限と下限/売られ過ぎの上限と下限といったゾーンとして表示され、買われ過ぎゾーンは青で、売られ過ぎゾーンはピンクで表示されます。


RSIは買われ過ぎゾーンに達した上昇は緑のライン、売られ過ぎゾーンに達した下降は赤のラインとして表示されます。


このインジケーター使用方法について開発者からの説明はありませんが、パラメーターを変更することによって、RSIの精度がどの様に結果になるのか、買われ過ぎ/売られ過ぎ水準をどこに設定すべきかを確認するには良いインジケーターなのではないかと思います。

関連記事