FXで何やっても勝てなくて、やったコト

2つのRSIをもとにしたオシレーターを表示するMT5インジケータ-「Mirror_RSI」

更新日時:2021年01月07日 12:22

Mirror_RSIスクリーンショット


価格が上昇する力と下降する力を、比較できるインジケーターがあればと考えたことはないでしょうか。


「Mirror_RSI」は、RSIをベースにしたインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. 価格が上昇する力と下降する力を比較したい方

  2. RSIをよく使用する方


この記事では「Mirror_RSI」について詳しく解説します。


  1. Mirror_RSIの概要
  2. Mirror_RSIを表示する方法
  3. Mirror_RSIのパラメーター解説
  4. まとめ

Mirror_RSIの概要


RSIは指定した期間の値上がり幅の平均と値下がり幅の平均から、売られ過ぎ/買われ過ぎを分析する独立したオシレーターですが、「Mirror_RSI」は2つのRSIをもとにしています。


「Mirror_RSI」は上昇ラインと下降ライン、シグナルラインで構成され、それぞれのラインは以下の方法によって算出されます。


上昇ライン=(RSI1-RSI2)


下降ライン=(RSI2-RSI1)


シグナルライン=RSI1の移動平均


インジケーターの各ラインはサブウィンドウ上に表示され、上昇ラインは青色、下降ラインは赤色、シグナルラインは緑色で表示されます。


上昇ラインが下降ラインよりも高い値で推移している場合は、価格が上昇していることを示しており、反対に下降ラインが上昇ラインよりも高い値で推移している場合は、価格が下降していることを示していますが、頻繁に上昇と下降が入れ替わるため、これらのラインをもとにエントリーするのは難しいかもしれません。


Mirror_RSIを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

Mirror_RSIのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


Mirror_RSI


MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT5でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


Mirror_RSIのパラメーター解説


Mirror_RSIパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


入力項目 入力内容

First RSI preiod

1番目のRSIの算出期間


初期値:20


RSIの算出期間を設定します。

First RSI applied price

1番目のRSIの適用価格


初期値:Close Price


RSIの算出に用いる価格を設定します。

Second RSI preiod

2番目のRSIの算出期間


初期値:20


RSIの算出期間を設定します。

Second RSI applied price

2番目のRSIの適用価格


初期値:Open Price


RSIの算出に用いる価格を設定します。

Signal period

平滑化期間


初期値:20


シグナルラインを平滑化する期間を設定します。

Signal method

平滑化方法


初期値:Simple


シグナルラインの平滑化方法を設定します。


「First RSI preiod」と「Second RSI preiod」は、RSIの算出期間を設定するための項目で、値に応じてRSIの反応速度が変化します。


「First RSI applied price」と「Second RSI applied price」は、RSIの適用価格を設定するための項目です。


初期設定の状態では、First RSIが終値、Second RSIが始値に設定されています。


「Signal period」はシグナルラインの平滑化期間を設定するための項目で、長い期間に設定するほど、滑らかなシグナルラインが表示されます。


まとめ


「Mirror_RSI」の特徴をまとめると以下のようになります。


  1. 2つのRSIがベースになっている。

  2. 上昇ラインが下降ラインよりも高い値で推移している場合は、価格が上昇している状態。

  3. 下降ラインが上昇ラインよりも高い値で推移している場合は、価格が下降している状態。


「Mirror_RSI」は、上昇圧力と下降圧力の内、どちらが強い状態なのかを確認したい方に向いているインジケーターです。


先述したように、このインジケーターのみでエントリーのタイミングを分析するのは難しいため、ほかのインジケーターと組み合わせて使用しましょう。

関連記事