FXで何やっても勝てなくて、やったコト

エントリーのシグナルを色の変化で表示するMT5インジケーター「colorlaguerre」

更新日時:2021年10月25日 22:10

colorlaguerreスクリーンショット


取り引きのタイミングを分かりやすく表示してくれるインジケーターがあればと考えたことはないでしょうか。


「colorlaguerre」は、ラインの色の変化でシグナルを表示するオシレーターで、次のような方に向いています。


  1. シグナルが一目でわかるインジケーターを探している方

  2. エントリーやエグジットのタイミングを分析したい方


この記事では、「colorlaguerre」について詳しく解説します。


  1. colorlaguerreの概要
  2. colorlaguerreを表示する方法
  3. colorlaguerreのパラメーター解説
  4. まとめ

colorlaguerreの概要


「colorlaguerre」は、「laguerre」というオシレーターをベースにしたインジケーターです。


「laguerre」は、RSIにデジタルフィルターを適用したオシレーターで、John Ehlersによって考案されました。


「laguerre」は、RSIがベースになっているものの、使用方法は通常のRSIとは異なります。


インジケーターの値が上の閾値を超えた場合は買いシグナル、反対に下の閾値を下回った場合は売りシグナルです。


また、一旦閾値を超えたラインが、再び閾値の内側に戻ってきた場合は、イグジットのシグナルです。


「colorlaguerre」では、買いシグナルは黄緑色、売りシグナルは赤色で表示されます。


「laguerre」よりもシグナルを確認しやすくなっている点が特徴です。


colorlaguerreを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

colorlaguerreのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


colorlaguerre


MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT5でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


colorlaguerreのパラメーター解説


colorlaguerreパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


入力項目 入力内容

gamma

感度


初期値:0.7


インジケーターの反応速度を設定します。

HighLevel

買いシグナルの閾値


初期値:85


買いシグナルを判定するレベルを設定します。

MiddleLevel

中間水準


初期値:50


中間水準を設定します。

LowLevel

売りシグナルの閾値


初期値:15


売りシグナルを判定するレベルを設定します。


「gamma」は、インジケーターの感度を設定するための項目です。


小さな値に設定するほど反応が俊敏になり、大きな値に設定すると緩やかになります。


「HighLevel」は、買いシグナルの閾値を設定するための項目です。


ここで設定したレベルをインジケーターが超えると買いシグナルと判定されます。


「LowLevel」は、売りシグナルの閾値を設定するための項目です。


インジケーターの値が、「LowLevel」を下回ると売りシグナルと判定されます。


まとめ


「colorlaguerre」について解説してきましたが、要点をまとめると以下のようになります。


  1. インジケーターの値が「HighLevel」を超えると買いエントリーのシグナル、再び「HighLevel」を下回った場合はイグジットのシグナル

  2. インジケーターの値が「LowLevel」を下回ると売りエントリーのシグナル、再び「LowLevel」を下回った場合はイグジットのシグナル

  3. 買いシグナルでは黄緑色、売りシグナルの場合は赤色でラインが表示される


「colorlaguerre」は、シグナルを視覚的に確認しやすいインジケーターを、探している方に向いているインジケーターです。


相場の状況によってはノイズが発生するので、ほかのインジケーターのシグナルも確認した上で、取り引きすべきかどうかを判断した方が良いでしょう。

関連記事