FXで何やっても勝てなくて、やったコト

オシレーターの値で算出したストキャスティクスを表示するMT5インジケーター「istochasticofosc_v2」

更新日時:2020年09月07日 15:25

istochasticofosc_v2スクリーンショット


通常、ストキャスティクスは価格をもとに算出されるオシレーターです。


「istochasticofosc_v2」は、価格ではなく指定したオシレーターの値をもとにストキャスティクスを算出するインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. 過去の水準と比較してオシレーターの直近の値がどの程度の水準にあるのかを確認したい方

  2. 実験的なインジケーターを試してみたい方


この記事では「istochasticofosc_v2」について詳しく解説します。


  1. istochasticofosc_v2の概要
  2. istochasticofosc_v2を表示する方法
  3. istochasticofosc_v2のパラメーター解説
  4. まとめ

istochasticofosc_v2の概要


「istochasticofosc_v2」を起動すると2本のラインがサブウィンドウ上に表示されます。


水色のラインがメインライン、赤色のラインがシグナルラインです。


このインジケーターでは、ストキャスティクスのベースとして24種類のオシレーターを選択できます。


istochasticofosc_v2を表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

istochasticofosc_v2のダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


istochasticofosc_v2


MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT5でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


istochasticofosc_v2のパラメーター解説


istochasticofosc_v2パラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


入力項目 入力内容

Indicator

インジケーター


初期値:RSI


ベースのオシレーターを設定します。

Volume

ボリューム


初期値:VOLUME_TICK


ボリュームの種類を設定します。

Period_1

期間1


初期値:14


算出期間1を設定します。

Period_2

期間2


初期値:10


算出期間2を設定します。

Period_3

期間3


初期値:10


算出期間3を設定します。

Price

適用価格


初期値:CLOSE


オシレーターの算出に用いる適用価格を設定します。

Method

平滑化方法


初期値:MODE_SMA


移動平均の種類を設定します。

Shift_1

シフト1


初期値:8


シフト1を設定します。

Shift_2

シフト2


初期値:5


シフト2を設定します。

Shift_3

シフト3


初期値:3


シフト3を設定します。

Line

ライン


初期値:MAIN


表示するラインの種類を設定します。

StPeriod_K

K期間


初期値:200


ストキャスティクスの%Kの算出期間を設定します。

StPeriod_D

D期間


初期値:5


ストキャスティクスの%Dの算出期間を設定します。

StPeriod_S

S期間


初期値:7


ストキャスティクスのスムージング期間を設定します。

StMethod


初期値:MODE_SMA


シグナルラインの平滑化方法を設定します。


「Indicator」はストキャスティクスの算出に用いるオシレーターを設定するための項目で、24種類の中から選択可能です。


選択したインジケーターによって、有効になるパラメーターが変化するので留意しておきましょう。


「StPeriod_K」「StPeriod_D」「StMethod」は、通常のストキャスティクスと同様に各ラインの算出期間を設定するための項目です。


まとめ


「istochasticofosc_v2」の特長は以下の通りです。


  1. 24種類のオシレーターをベースにしたストキャスティクスを表示する。

  2. ベースに使用するインジケーターの種類によって有効なパラメーターが変化する。


「istochasticofosc_v2」は、オシレーターが過去の水準と比較してどの程度の水準にあるのかを確認したい方に向いているインジケーターです。


使用しているオシレーターの相対的なレベルを確認したい場合などに活用できるのではないでしょうか。

関連記事