FXで何やっても勝てなくて、やったコト

ATRでフィルタリングしてトレンドの方向を表示するMT5インジケーター「Volatility_quality」

更新日時:2019年07月03日 06:09

Volatility_qualityスクリーンショット


「Volatility_quality」は、Thomas Stridsmanによって考案されたオリジナルのVolatility_qualityを、ATRでフィルタリングしてノイズを低減させたインジケーターで、Mladen Rakicによって開発されました。


開発者によると「Volatility_quality」のフィルタリングにpipsによる固定値を用いた場合、一つの銘柄・一つの時間枠でしか機能しないため、通貨ペア・時間枠を切り替えると、その都度調整が必要になることから、ATRの割合をフィルターとして採用したとのことです。


インジケータを起動すると、サブウィンドウ上にラインが表示され、インジケーターの値が増加している場合は緑色、減少している場合はオレンジでラインが表示されます。


インジケーターの値が0より高い水準で推移している場合は、現在の相場が上昇トレンドに入っている可能性を示しており、反対に0より低い水準で推移している場合は、下降トレンドに入っている可能性を示しています。


Volatility_qualityを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

Volatility_qualityのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


Volatility_quality

↓↓↓↓↓インジケーターの導入手順が分からない方は↓↓↓↓↓

MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご覧下さい。


MT5にインジケーターを追加(インストール)する方法

これでVolatility_qualityが表示されました。


Volatility_qualityのパラメーター解説


Volatility_qualityパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


パラメーターの項目は、「Price smoothing period」「Price smoothing method」「Filter (% of ATR)」の3項目で構成され、初期設定の値は「Price smoothing period」が5、「Price smoothing method」がLWMA、「Filter (% of ATR)」が20に設定されています。


Price smoothing period

価格の平滑化期間

Price smoothing method

価格の平滑化方法

Filter (% of ATR)

フィルター値


インジケーターの開発者によると、ラインの色の変化をシグナルとして使用できるとのことです。


「Volatility_quality」はトレンドの方向を示すインジケータですが、単体でエントリーのタイミングや水準を計るのは難しいため、他のインジケーターと組み合わせて使用した方が良いかもしれません。


また、実際の相場でどの程度をうまく機能するのか、十分にテストを行った上で使用することをお奨めします。

XMはMT5から直接取引できます XMはMT5から直接取引できます

関連記事