FXで何やっても勝てなくて、やったコト

DNCを基に上昇トレンド/下降トレンドを判定するオシレーターを表示するMT5インジケーター「DNC_Percentage」

更新日時:2021年05月28日 17:43

DNC_Percentageスクリーンショット


トレンドの有無と方向を分析できるインジケーターがあればと考えたことはないでしょうか。


「DNC_Percentage」は、ドンチャン・チャネルをベースにしたインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. トレンドの有無を分析したい方

  2. トレンドの方向を分析したい方


以上のような方のためにこの記事では、「DNC_Percentage」について詳しく解説します。


  1. DNC_Percentageの概要
  2. DNC_Percentageを表示する方法
  3. DNC_Percentageのパラメーター解説
  4. まとめ

DNC_Percentageの概要


ドンチャン・チャネルは、過去の高値を示すTopラインと過去の安値を示すBottomライン、TopラインとBottomラインの中間を示すMiddleラインで構成され、Middleは省略されて使用される場合もあります。


価格が、Topライン/Bottomラインをブレイクした場合、トレンドが発生した可能性を示しています。


「DNC_Percentage」は、現在の価格がドンチャン・チャネル内でどの程度の水準にあるのかを、百分率で表示するインジケーターで、算出方法は以下の通りです。


DNC Percentage=((終値-Bottom)/(Top-Bottom))×100


ドンチャン・チャネルでは、前述のTop/Bottomを価格がブレイクすることによるシグナル以外にも、Middleラインを用いることで、トレンドの方向を知ることができます。


価格がMiddleより上で推移している場合は上昇トレンド、価格がMiddleより下で推移している場合は、現在の相場が下降トレンドである可能性を示唆しています。


「DNC Percentage」は、ドンチャン・チャネルのトレンドの方向を判定する機能を抜き出したインジケーターです。


50%より高い場合は上昇トレンド、50%より低い場合は下降トレンドが発生している可能性を示唆しています。


DNC_Percentageを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

DNC_Percentageのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


DNC_Percentage


MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT5でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


DNC_Percentageのパラメーター解説


DNC_Percentageパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


入力項目 入力内容

Period

計算期間


初期値:20


ドンチャン・チャネルの算出期間を設定します。

Analyze current bar

現在の価格を計算に考慮する/しない


初期値:Yes


Noに設定すると直近の価格を除外してチャネルを算出します。


「Period」は、ドンチャン・チャネルの算出期間を設定するための項目です。


期間を長く設定すると長期的なドンチャン・チャネルがインジケーターに反映されます。


「Analyze current bar」は、直近の価格をインジケーターに使用するか否かを設定するための項目です。


Yesに設定すると直近の価格を含めてインジケーターを算出し、Noに設定すると直近の価格を除外します。


まとめ


「DNC_Percentage」について解説してきましたが、ポイントをまとめると以下のようになります。


  1. 現在の価格がドンチャン・チャネルと比較してどの程度の水準にあるのかを表示する。

  2. 50%より高い場合は上昇トレンドが発生した可能性を示唆している。

  3. 50%より低い場合は下降トレンドが発生した可能性を示唆している。


「DNC_Percentage」は、トレンドの有無を分析したい方に向いているインジケーターです。


トレンドフォロー型の手法を採用している方は、試してみてみると良いでしょう。

関連記事