FXで何やっても勝てなくて、やったコト

価格のスイングを直線で表示するMT5インジケータ-「GannSwing」

更新日時:2021年02月20日 19:26

GannSwingスクリーンショット


相場の波動を表示するインジケーターといえばジグザグが有名ですが、ほかのインジケーターを試してみたいと考えたことはないでしょうか。


「GannSwing」は、ジグザグのように相場の波動をラインで表示するインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. 相場の波動分析したい方

  2. トレンドの方向を分析したい方


以上のような方のためにこの記事では、「GannSwing」について解説します。


  1. GannSwingの概要
  2. GannSwingを表示する方法
  3. GannSwingのパラメーター解説
  4. まとめ

GannSwingの概要


トレンドフォロー派・レンジ派を問わず、トレンドが存在するかどうかを分析することは、トレードの戦略を立てる上で重要な作業であり、トレンドを識別するためのインジケーターや手法にはさまざまなものがあります。


「GannSwing」は、ギャンのルールに基づいてトレードを検出するためのインジケーターで、ローソク足チャート上にジグザグのようなラインを表示します。


「GannSwing」のラインは、インサイドバー(前のバーより高値が低く、安値が高いバー)が出現した場合はそのバーはスキップされます。


また、アウトサイドバー(前のバーより高値が高く、安値が低いバー)が出現した場合、後に続くバーがアウトサイドバーより低ければ、アウトサイドバーの高値にラインを表示。


反対に、アウトサイドバーより高い場合は、アウトサイドバーの安値にラインが引かれます。


デフォルトの状態では、スイングの頂点付近にあるローソク足の高値か安値のいずれかを結ぶ赤いラインが表示されます。


2本のローソク足が連続して高値を更新している場合、値動きがアップスイングとして表示され、反対に2本のローソク足が連続して安値を更新している場合は、値動きがダウンスイングとして表示されます。


価格が前のスイングの高値を超える水準を維持している場合、上昇トレンドが始まる可能性を示唆し、反対に前のスイングの安値を下回る水準で価格が推移している場合、下降トレンドのシグナルです。


値動きのスイングを分析したい場合に役に立つインジケータと言えますが、検出するスイングの大きさを調節できないので注意しましょう。


GannSwingを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

GannSwingのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


GannSwing


MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT5でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


GannSwingのパラメーター解説


GannSwingパラメーター画像


「GannSwing」にトレーダーが変更可能なパラメーターはありません。


入力項目 入力内容

無し

このインジケーターに設定可能なパラメーターはありません。


まとめ


「GannSwing」について解説してきましたが、ポイントをまとめると以下のようになります。


  1. チャート上にジグザグのようなラインを表示する。

  2. インサイドバーが出現した場合はスキップする。

  3. アウトサイドバーが出現した場合、次のバーがアウトサイドバーより低ければアウトサイドバーの高値にラインを表示。

  4. アウトサイドバーが出現した場合、次のバーがアウトサイドバーより高ければアウトサイドバーの安値にラインを表示。


「GannSwing」は、相場の波動を分析したい方に向いているインジケーターです。


このインジケーターのみで、エントリーのタイミングをはかることはできないため、ほかのインジケーターと組み合わせて使用した方が良いでしょう。

関連記事