FXで何やっても勝てなくて、やったコト

3重に平滑化した移動平均線をもとにしたトレンド系MT5インジケータ-「Trix」

更新日時:2019年01月24日 17:31

Trixスクリーンショット


トレンド系のインジケーターには、移動平均線をもとにしているものが多くあり、お馴染みのMACDもその中の一つですが、この記事ではMACDによく似たトレンド系のインジケーターTrixを紹介していきます。


トリックスは以下の方法で算出されます。


第1移動平均=価格を基にした移動平均


第2移動平均=第1移動平均の移動平均を算出したもの


第3移動平均=第2移動平均の移動平均を算出したもの


トリックス=(直近の第3移動平均-前の第3移動平均)/前の第3移動平均


シグナル=トリックスの移動平均


ヒストグラム=トリックス-シグナル


Trixを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

Trixのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


Trix

↓↓↓↓↓インジケーターの導入手順が分からない方は↓↓↓↓↓

MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT5にインジケーターをインストール(追加)する方法

これでTrixが表示されました。


Trixのパラメーター解説


Trixパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


Period

計算期間

First MA method

第1移動平均の計算方法

Second MA method

第2移動平均の計算方法

Third MA method

第3移動平均の計算方法

Signal period

シグナルラインの計算期間

Signal method

シグナルラインの計算方法

Applied price

適用価格


トリックスは、シグナルとトリックスの2本のラインとヒストグラムで構成され、トリックスが0より下で推移し、シグナルラインを下から上に抜いた場合、相場が上昇する可能性を示し、トリックスが0より上で推移し、シグナルラインを上から下に抜いた場合、相場が下降する可能性を示しています。


MACDに似たインジケーターですが、3回にわたって平滑化されていることからMACDと比較すると描かれるラインは滑らかですが、価格への反応はやや遅れ気味なので、好みが分かれるのではないかと思います。

関連記事