FXで何やっても勝てなくて、やったコト

長期・短期のトレンドをオシレーターで表示するMT5インジケーター「dual_trix_upgrade_2」

更新日時:2020年12月19日 23:56

dual_trix_upgrade_2スクリーンショット


長期的なトレンドを捉える方法があればと考えたことはないでしょうか。


「dual_trix_upgrade_2」は、TRIXをベースにしたインジケーターで次のような方に向いています。


  1. 長期的なトレンドに乗りたい方

  2. 長期的なトレンドに逆らわない方向にエントリーしたい方


上記のような方のためにこの記事では、「dual_trix_upgrade_2」について解説します。


  1. dual_trix_upgrade_2の概要
  2. dual_trix_upgrade_2を表示する方法
  3. dual_trix_upgrade_2のパラメーター解説
  4. まとめ

dual_trix_upgrade_2の概要


「dual_trix_upgrade_2」を起動すると、チャート上に青色と赤色のラインが表示されます。


青色のラインが短期のTRIX、赤色のラインが長期のTRIXです。


ラインが0の水準を下から上に抜けた場合は上昇トレンドのシグナル、上から下に抜けた場合は下降トレンドシグナルです。


「dual_trix_upgrade_2」は、長期と短期両方のトレンドを確認できるので、長期的なトレンドに乗れるエントリーポイントを探す際に役立つでしょう。


dual_trix_upgrade_2を表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

dual_trix_upgrade_2のダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


dual_trix_upgrade_2


MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT5でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


dual_trix_upgrade_2のパラメーター解説


dual_trix_upgrade_2パラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


入力項目 入力内容

seperator2

*--Periods--*

Plot1

TRIX1の期間


初期値:15


TRIX1の算出期間を設定します。

Plot2

TRIX2の期間


初期値:30


TRIX2の算出期間を設定します。

seperator3

Indicator_Coordinates_Fast

XCord_Indicator_Value_Fast

TRIX2の値の水平方向の表示位置(サブウィンドウ)


初期値:0


TRIX2の値の表示位置が左右に移動します。

YCord_Indicator_Value_Fast

TRIX2の値の垂直方向の表示位置(サブウィンドウ)


初期値:0


TRIX2の値の表示位置が上下に移動します。

seperator4

Indicator_Coordinates_Slow

XCord_Indicator_Slow

TRIX1の値の水平方向の表示位置(サブウィンドウ)


初期値:0


TRIX1の値の表示位置が左右に移動します。

YCord_Indicator_Slow

TRIX1の値の垂直方向の表示位置(サブウィンドウ)


初期値:20


TRIX1の値の表示位置が上下に移動します。

seperator5

*--Chart_Coordinates Fast--*

XCord_Chart_Value_Fast

TRIX2の値の水平方向の表示位置(チャート)


初期値:0


TRIX2の値の表示位置が左右に移動します。

YCord_Chart_Value_Fast

TRIX2の値の垂直方向の表示位置(チャート)


初期値:0


TRIX1の値の表示位置が上下に移動します。

seperator6

*--Chart_Coordinates Slow--*


初期値:


XCord_Chart_Slow

TRIX1の値の水平方向の表示位置(チャート)


初期値:0


TRIX1の値の表示位置が左右に移動します。

YCord_Chart_Slow

TRIX1の値の垂直方向の表示位置(チャート)


初期値:20


TRIX1の値の表示位置が上下に移動します。

ToClose

適用価格


初期値:PRICE_CLOSE


TRIXの適用価格を設定します。


「Plot1」「Plot2」はTRIXの算出期間を設定するための項目で、設定値に応じてインジケーターの反応速度が変化します。


「Indicator_Coordinates_Slow」と「Indicator_Coordinates_Slow」は、サブウィンドウ上に表示するTRIXの値の表示位置を調整するための項目です。


「*--Chart_Coordinates Fast--*」「*--Chart_Coordinates Slow--*」は、チャート上のトリックの値の表示位置を調整するための項目で、縦軸・横軸を個別に設定します。


まとめ


「dual_trix_upgrade_2」の特徴をまとめると以下のようになります。


  1. 2種類のTRIXを表示する。

  2. インジケーターの値が0の水準を下から上に抜けた場合は上昇トレンドのシグナル。

  3. インジケーターの値が0の水準を上から下に抜けた場合は上昇トレンドのシグナル。


「dual_trix_upgrade_2」は、長期的なトレンドに乗りたい方に適したインジケーターです。


長期と短期の両方のトレンドを確認できるので、相場の大局に逆らわない方向にエントリーしたい方にもおすすめです。

関連記事